新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界でも首都機能と経済機能はリスク管理としても、別の都市に分けていることも多いです。アメリカはワシントンD.C.、オランダはデン・ハーグ。つまり、東京か京都かでなく、例えば長野とか岐阜とか自然豊かで安全な都市に首都機能を移転することも考えるべきだと思います。
そしてその首都移転に伴った人の移動は、単に東京一極集中の解消というだけの話でなく、新しい日本の国家構造を提示するかと思います。
ウィズコロナで地方移住が増えるという論については、個人的にはかなり疑問というのが仮説なので、ネット検索が増えたことをもって語ってる記事でも「興味があるのと行動するのは別」と、ネット企業とかでの移住事例が取り上げられてても「そんなの一部」とコメントしてきました
本記事で昨年の数字として転出超だったという数字が出てても、「本来なら転勤で転入させるが当面延期」「大学がリモートの間は実家で」みたいな緊急避難で通常に戻ったら戻るような要因が大きそうな気はしてます
一番見るべき、自由意志で地方に移住したという例は(自分の周りにもパラパラはいますが)人口動態に影響を与えるほどは広がっていないように思います
逆に本当にリモートが普及して地方赴任もリモートで、みたいなことも可能になれば、むしろ便利な都心に住む人が増えるという可能性もあるような気はしています
その意味では一応結論として「まだ分からない」と結んでいますので冷静には見ている記事でした
恐らくコロナの影響は5年も10年も続かないと思いますが、このタイミングで本当は東京に出たかったのにコロナで断念する人にとっては、一生が左右されることになるかもしれませんね。
テレワーク、リモート授業、東京から地方への企業と産業の移転といった積極的な動きで転入超過と都内のオフィス需要が減って、地方が活性化するなら喜ばしいことですけれど・・・ 2019年と2020年の東京都の転入超過の減り方の内訳を年齢別(5歳刻み)、男女別に見て見ると、女性の方が男性より僅かですけど多く減っていて、特に21歳から29歳の女性の減り方は、男性と比べて多いとかなりはっきり見て取れます。男女合計の減り方も、25歳から29歳がピークです。先般、議員さんが夜の銀座のクラブに行って問題になりましたが、そうした場所を含む飲食業等のサービス業を中心に仕事が減っていることと整合的な動きかも知れません。そうなると、仕事の基盤が弱い若年層を中心に仕事が無くなって、高い家賃に耐え切れず、人と企業が効率の良い東京を出ざるを得ないという負の側面があるかもしれません。
新型コロナウイルスを早期に退治して、その後の動きをしっかりフォローする必要がありそうに感じます (^^;
東京都転出超過が7月以降続いているものの、季節性で格段に影響力の大きい3月の動向が重要。人事異動分散化が要請されていることもあり、年度ベースで転出超過に転ずる可能性もあるのでは。
東京住まいの知り合いがFacebookでちらほら地方に移住しました!と投稿し実際の数が気になってました。

住民票を東京へ移した数-東京外へ移した数が、過去より最も少なかったとのこと。まだまだ東京に来ている人の方が多いようですが、過去と比べてその差は1/3程になっており、東京外へ出た人が今年かなり多いということが分かります。
オフィスはなくならない、と思っています。本社機能が分散したり、人が不定期で集まる場として”東京のオフィス”が持つ役割は変化していったり、週5日完全に出社するスタイルが変化するというのはあると思いますが、オフィスそのものが完全に無くなったり地方に移転するというのはまだそこまで多くはないです。
オフィスがどうなるか、で最終的に人の移動が決まってくるのでまだ様子見という状態が続くのではないでしょうか。
今回のコロナ禍で、「東京への転入を先送り」している待機組が相当数いて、それが統計に現れる東京への人口流入を鈍化させているというのが私の仮説です。

テレワークやWEB会議は悪くないが、それはあくまでコロナ対策として様々な妥協の上に成り立つものであることを、この一年の「社会実験」を通じて多くの人が痛感しているはずです。

働き方は従来のものより柔軟になることは間違いない。
ただし、クリエィティビティを求められる様々な業務や交渉事、人や会社間の新しい繋がりを作ることなどが、一人一人が物理的に離れたところで行うテレワークで出来るかは疑問です。

一人一人のオフィス空間は広くなる、そして会議室は残る、毎日ではないが必要に応じてオフィスに人が集まる。会議も必要に応じてオンライン、オフライン組み合わせたハイブリッドになる。

ということであれば、東京への転入が趨勢的にマイナスになることはないのではないか?
5年後、10年後にどうなているのでしょうね。今後、60代、70代でも週に何日か働きたい人も増えると思いますが(リモートならなおさら)、都心に住んで働いているのでしょうかね。また、若い世代の価値観も自然があるところを志向したり、、、。素敵なスマートシティが出てくることを期待しています。
人口1000万人に対し死者1000人。近代の100年で4倍になった都市で、1万人に一人しか亡くなっていない疫病のために、人口の流入が逆転すると考えるほうが不自然だろう。人が減るとすれば、首都直撃の災害か、DXなど近代に終止符を打つテクノロジーの浸透か、戦争や恐慌などによる政治転覆か、それ級の衝撃。でも、コロナによって、それ級の衝撃というのは起こり得るものであり、想定外の危機に立ち向かう認識というものを今わたしたちは得ていると思う。コロナのレガシーは、危機に対する気構え、かと。