新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
インターネットの影響で受注減、新規事業を興そうとするも社内からの反発、地道な営業活動からの超大手クライアントの獲得と、ドラマのようなストーリーでありながら、斜陽産業あるあるだとも思います。生々しいストーリーが勉強になるし、元気が出る。

「印刷産業を何とかしなければ」ではなく「目の前にある一台の印刷機を動かすには」という発想で臨まれたのも印象的。新規事業のタネって、業界分析ではなく、そういう目の前のコトに対する想いから生まれるんですよね。
人気 Picker
商売の本質、仕事の本質を見た気がする。