新着Pick
908Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今回は、弊社グループ会社によるCVCを活用した地方創生の取り組みについて、記事にして頂きました。

「地方の個性が輝く楽しい時代に進化する」をミッションに全力で取り組む所存ですので、宜しくお願い致します。
人気 Picker
地域における事業改革をすすめる上で、地元でやるべきこと、外の資本と力との適切な関係について議論させて頂きました。

どうしても地方においては銀行からの融資だけを中心に資本政策などはあまり多様に存在するものではありませんでした。従来はそれだけでもよかったのですが、経営が厳しくなっていく時に銀行から派遣される人で成功するかと言われればそんなことはなく、本来新たな技術や営業力をもったところと連携することも効果的な選択肢になります。

とはいえ地元資本としての範囲、地元でやらねば地域活性化にならないこともあります。この外と内の適切な関係について踏み込んで話ができたのが大変意義のある対談となりました。
様々な政策がある中で、メリットデメリットの分かれるものも多いと思いますが、DXは絶対的に正義だと感じます。

その上で、DXは事業拡大によってマスを取りやすい点に魅力がある場合もありますが、一方で、生存戦略としては、特定の地域に深く適応するのもありなのだと思います。

進化論の適者生存を支えるのは多様性、というのは確かなのだと思います。
地方の未来に対して悲観的なステレオタイプが蔓延る中、堅実で期待が持てる取り組み。
ピンチはチャンス。
地方の起業家さんを後押しするお話…とても面白い…
地方での起業に関しては、記事でもある通り融資または助成金で考えるのが普通だろう。そして、融資を得る為に何かひとつら事業化する。過度な広告を打ち、消費を煽るビジネスよりも、本質的な課題解決への支援が厚くなればもっといい社会ができると思う。