新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさしく「言い方一つで、、、、」。 気持ちを伝えるために 言葉と態度に気をつけていても、相手に甘えてしまい しまった と言うことも多い。
せめて ありがとう と言う言葉で感謝を伝えたい。
ああ…昔から会社で帰ろうとすると「すぐ終わるから」と仕事を振ってくる人いましたね。その仕事がすぐ終わったためしはない。逆にたいしたことない作業でも「お忙しいのに申し訳ないんですけど」と言われると、やろうかなと思える。言い方ひとつでやる気が全く変わってきますよね。
・依頼の背景をきちんと説明しない
・対応したあとに感謝がない(あるいは伝わらない)
とかは、対応するものの心の中ではムッとしてしまうことがあります。反面教師にしないといけませんね。

あとはテレワークということもありオンライン、特にテキストでのコミュニケーションが増えてますので、テキストに表情を持たせるのも受け取り方変わるなーと最近感じます。
「ありがとうございます」
「おおおお、いつもありがとうございます!!mm」
の違い。もちろん相手や場面にもよりますが。
ここに書かれているような場面で、このような言葉は使ってはいませんが、他の場面で、違う意味で余計な言葉、ネガティブな言葉を使っている…自分にそう感じました。

たぶん…私は、この本を買って、隅から隅まで読んで学ばないといけないくらい「嫌われる言葉を無意識に発している」人だと思います…涙

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
頼む側の態度として気をつけないといけないことは確かにありますね。
曖昧な依頼の仕方だと、のちのち諍いの元にもなりかねませんし。
言葉遣いも重要だが自分はそれ以前に以下を重視している。
・普段から信頼関係を築けているか
・依頼業務の目的・温度感やその人に依頼する意味を伝え納得してもらえるか