新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
私は自分をAIカメラで観測して欲しい派です。ただし、その代わり適切な働き方をフィードバックして生産性向上に利用できるならですが。
いくら自分で効率よくやっているつもりでも、自分の少ない経験や知見でできていることはわずかでしょうから、客観的なデータに基づきフィードバックを受けられて、生産性向上につなげられたら、仕事の成果も短時間で出すことができ、早く帰宅できれば学習時間も増えるという好循環です。
この手の話は反対派が多いのでしょうけど、やらない手はないなと思ってしまいす。
人気 Picker
「アマゾンの巨大な配送ネットワークを支えるドライバーの多くは、デリバリー・サービス・プロバイダーと呼ばれるサードパーティを通じて、業務を受託している。アマゾンは長年、事故が発生した場合の責任を回避するための施策を進めてきた。」
米国のほうが加速度のデータを使った危険リスク診断やカメラによる法的リスクへの備えが積極的に導入されているように見えます。

一方で、自動運転のためのデータ収拾のためとして捉えてみると、事故を起こす瞬間、悪天候などはデータが集まりにくいものなので併せてバーチャル空間での訓練が必要になります。
従業員が運転する業務用車両に、監視デバイスを装着するのは、従業員としては嫌かもしれませんが、実は、それが従業員のためでもあると考えています。

いくつかの事例で、それが証明されれば、この件で文句を言う人たちはいなくなると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アメリカでは配送にもチップを払う文化があるようですが、チップを無断で天引きの意味がよく分かりません。直接受け取らなかった場合に支払う仕組みがあるということでしょうか。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績