新着Pick
1188Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
誰のためのマーケティングなのか?重要な言葉ですね。私が働く業界でもSNSを使おうとする企業が多く、我が社もその1つですが、本当に誰のためのSNSマーケティングなのか?!と思ってしまいます。
単なる広告媒体としてのSNS利用の域を出ていません。だったら広告枠を買えばいいだけなので、ユーザーが当社と繋がる価値を提供できるのか?だとして何なのか?を考え直してみる必要があると思っています。
先日も社内でミレニアル世代=SNSだーという議論がありましたが、本当はミレニアル世代=SNSの間にある、つながる価値を見極めて議論をしないとならないと思っています。
人気 Picker
インフルエンサーは、なんらかの価値提供で信頼を積み重ね、それをPRで切り崩す構造になっており、価値と信頼を作り続けられなければならない過酷な構造になっている印象。信頼を積み重ね続けたとしても、信頼を失うのは一瞬でリスクも大きい。多くの人にとっては、もっとLTVの高い「稼ぎ方」が見出せたほうが望ましいはず。そのためには手軽なフォロワー獲得でなく、いかに本質的価値提供をできる個人になっていくのか、が重要。
企業側としても、インフルエンサーを消費するものとして見てしまっているケースも多いのでは。結局のところ商品のちからをインフルエンサーによって増幅するのは一時的なカンフル剤のようなもので、ここでも本質的商品価値をいかに生むかの話しに収束してくる。
新しい媒体( SNS)の登場によって生まれた歪みが是正されていくフェーズ、という印象。
「単なる肩書で人が集まるのではなく、注目されるのは「個」の内側にある考え方」と言うのはその通りだと思いますし、移り変わりが激しい市場(日本の消費者は特にそうだと言われます)では、「個」として残るパターンと、あっという間に注目され消えていくパターンに二分されていくのではないでしょうか。企業側もどう位置付けるか、少し違うかもしれませんが、ワークマンのように一切金銭を支払わずアンバサダーとしてFBをもらう形が主流となるのではと思います。
「インフルエンサーになりたい」という言葉は「起業家になりたい」とどこか似た違和感を感じます。ギフティングのためにマネキンになるのではなく、何か軸があってこそ影響力を持つようになるものであるべき。マーケティングの構造がそうさせてるのかもしれませんが、記事にもあるように芯の強い「個」しか生き残れないのではと思います。

(ところで誰も書いてませんが、めちゃくちゃいい写真でした!!)
マーケティングの観点でも「持続可能な社会」を求めている以下の一文には感銘を受けた。企業や個人が本質的に「考え方」を変えていけるチャンスであり、今それが問われていると思う。

「今後は社会に還元していく気持ちがないと、消費者たちもついてこない時代になったのではないでしょうか」
インフルエンサーが単に商品をSNSで投稿しただけでは、消費者は納得しない時代に突入していますよね。

インフルエンサーの「生き方」と商品、そのブランドの「企業理念」に対する親和性がないと、消費者に影響力は出せない時代です。デジタルマーケティングの急速な進化により、消費者はますます賢くなっています。

よりストーリー性を求められる時代ですね。
とてもよい記事ですNewsPicks編集部、Baeさんすばらしい。

また、稲木さんの言葉、これが本質です!

(以下、記事中から引用)
語弊を恐れずに言うと、「なぜここまでお金を稼いで何をしたいのか」と疑問に思うことがよくあります。ビジネスをする理由は人それぞれです。しかし、今後は社会に還元していく気持ちがないと、消費者たちもついてこない時代になったのではないでしょうか

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ブランドはただやみくもに商品をインフルエンサーに配る姿勢を見つめ直さなければいけない。より親和性が高くブランドを代表するインフルエンサーでない限り、ギフティングはもう価値をもたらさないと思います、は本当にその通りと思う
マーケティングとか広告といったものは、これまでは、それほど欲しいと思わないものをいかに買わせるか、の勝負だったと思っていますが、その時代はもう終わりつつあるのかもしれない、と感じます。
インフルエンサー自身にその商品に対する熱狂がなければ効かないし、逆に一般人でも熱量が伝わるような口コミは影響力を持つ、そんな時代になってきたような気がします。
インフルエンサーには、それぞれ独自の哲学が必要ですね。
インフルエンサーは、顧客に影響力のあるモデルやタレント、オピニオンリーダ―の情報発信を通じて企業の商品やサービスに対する認知や好感を高める方法です。しかし、この手法はインフルエンサーがその商品に対する愛着を持ち、ブランドを代表するに相応しいものでない限り効果は期待できないでしょう。

「インフルエンサーの存在は、商品を宣伝する人よりも一つの『媒体』になってくる」と稲木さんはコメントしています。
SNSなどデジタルを活用した情報発信が当たり前になり、企業のインフルエンサーや消費者自身が『媒体』として顧客に対する影響力を及ぼす時代になりました。

デジタルで『媒体』が多様化するなかで消費者から信頼を獲得するためには、『媒体』を情報発信の手段としてではなく、より良い商品やサービスをつくるための関係づくりと捉える方がいいのかもしれません。
PRの本質はステークホルダーからの共感、そして継続的な信頼を獲得すること。今こそ原点回帰が求められているのではないでしょうか。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.67 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
96.2 兆円

業績