新着Pick

SBIが「マネックス・新生」提携にぶちまけた不満

東洋経済オンライン
「マネックスさんとの対比では、弊社で扱っている商品群やIFA(金融商品仲介としての提携)スキームの実績は圧倒的。どういう理由で(新生銀行の経営陣が)ああいう選択をされたのか、よくわからない」1月29日に都…
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北尾さんは何にも感じていないとコメントされたようですが、きっと激怒されたんでしょうね。資本関係や地方創生ファンドの経緯からも。

ただ、新生にしてみれば、松本さんとの距離感から最初からマネックスで心を決めていたんじゃないでしょうか。SBIの反感も想定以上だったと推察します。
北尾氏に対する嫌悪感じゃないでしょうか。「昭和の証券マン=株屋」臭が強いですから、銀行が嫌う臭いがします。対する松本氏は、外資育ちでヤクザな株屋出身でなく穏健で紳士ですからね。二者択一なら、銀行マンは100%松本氏をパートナーに選ぶでしょうね。
↓こういうことを言っちゃうからマネックスと提携したんじゃないでしょうか。

【抜粋】
北尾氏は2020年6月にも約18%(当時)の株式を保有する福島県の大東銀行に対して「筆頭株主になったのにあいさつにも来ない。このままあいさつがなかったら次の株主総会で全役員(の選任)に反対票を投じる」と喝破するなど、出資先に対する強気の姿勢で知られる。

SBIHDは現時点でも10%以上の株式を保有する新生銀行の筆頭株主だ。さらなる波乱があるかもしれない。
IPO株の商品提供という観点では、SBIは引受関与数の多さに加えて、近年ではIPO主幹事としての実績も増えていますね。
北尾さんが嫌だったんでしょう
マネックスグループ株式会社は、東京都千代田区麹町に本店を置く金融持株会社。 ウィキペディア
時価総額
2,419 億円

業績

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4,238 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
7,675 億円

業績