新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
英国代表部が発表したとありますが、現在、安保理の議長が英国のためです。月替わりの順番制です。就任日程は下記です。
https://www.un.org/securitycouncil/content/presidency

原文はこちらです。
https://www.un.org/press/en/2021/sc14430.doc.htm

こちらを読むと最後から3番目のパラグラフで2月1日にASEAN(東南アジア諸国連合)の議長声明を歓迎するとの言及があります。地域国際機構としてのASEANの重要性を読み取ることができます。国際機構としてのASEANはFTA等の自由貿易協定の動きに注目されがちですが、政治安全保障においても一定の意義、とりわけ、国際社会からの完全な孤立化を避けるという意味があります。

かつての軍政下のミャンマーは、「鎖国」状態ともいわれましたし、民政移管後とは異なる世界でしたが、民政移管よりも前の1997年にはASEAN加盟を承認しています。2005年までミャンマー問題国連特使をつとめたマレーシア人のラザリ・イスマイル氏は国連という立場ではあるものの、ASEAN構成国のマレーシア人出身であることも、ミャンマーとの一定の対話チャネルを形成したことの一要素でしょう。(ミャンマー側窓口が国際協調派キンニュン氏だったという事情も大いに関係しています)

ASEANは緩やかな紐帯で結ばれているという側面のある組織であり、その緩やかさゆえに機能していない、意味がないとまでいう人がいますが、過去を冷静に振り返れば、東南アジアの多種多様な国があつまるなかで、時に、特定国が国際社会からの孤立化のリスクが高まる局面で、土俵際でつなぎとめる役割を果たすこともあります。ASEANが解決することは、このレベルのハードシップのある問題については非常に困難ですが、「土俵際でつなぎとめる」という点に重要な意義があります。

それゆえに、今回のミャンマー情勢も国際組織としてのASEANという視点と、構成10か国の動きもよく見ていく必要があります(特にマレーシア、フィリピン、インドネシア、シンガポール)
人気 Picker
国連では、「深い懸念」を表明するくらいしかできないということでもあります。もちろん、現段階では懸念を表明して、解放に応じなければ、ミャンマーに制裁を課す、という手順も可能です。国連安保理は、国連の全加盟国が参加しなければならない拘束力のある経済制裁を発動することができます。
 ただし、経済制裁については、常任理事国の中国、おそらくはロシアも反対するので、決議は通らない可能性が非常に高いです。
欧米が経済制裁をしいていた中でも軍政とつながりを保っていた中国ですが、一帯一路構想を推し進める中国にとって領土問題がなく、かつインド洋方面への出口となるミャンマーは重要な位置を占めています。今回のような事態を望んでいないという趣旨の意思表明は必要と考えたのでしょう。ただし国際社会が広くミャンマーについて一致できるのはここまで、ということでもあります。
中露が反対する可能性もあったが、とりあえず報道声明が出せただけでもマシと考えるしかないだろう。もっともそれを「マシ」だと思わざるを得ないほど、国際社会における規範は弱まっているとも言えるが…。
「国連が作られたのは、われわれを天国に連れて行くためではなく、地獄に落ちるのを救うためだ」という言葉がある。中国やロシアが慎重な立場を取るなかでも、15の理事国が全会一致で報道声明を出せたことは、まず一歩前進。

国連の制裁は、安保理の政策オプションの中で、もっとも強いものの一つ。制裁のためには安保理決議の採択が必要。これは中国が拒否権を行使するだろうから現実的ではない。むしろ中国がいる安保理でも「深い懸念」を全会一致で示せたことがミャンマーにとって圧力になる。

米国や欧州は、独自の制裁を課すことができる。ジェイク・サリバン国家安保問題担当大統領補佐官は、制裁について、議会の超党派の合意があると述べている。ただし、単純に制裁を発動すればいいという話ではない。ミャンマーの軍政は中国を頼るだけだ。

いま必要なのは、米国などの強力な経済制裁という刀に手をかけ、すごみをきかせつつ、「そんな馬鹿なことはやめてだな」と対話に持ち込むこと。

アメリカは、ミャンマーとの軍政と対話ができていない。

軍政と話ができるのは、ASEAN、中国、そして日本である。安保理報道声明ではASEANに言及があり、サリバンもASEAN諸国の駐米大使と電話会談をおこなった。

いま安保理には非常任理事国としてベトナムとインドが席を持っている。ベトナムは去年のASEAN議長国だった(今年はブルネイ)。菅政権の初の外遊先も、ベトナムである。そしてインドは日米豪印のQUADのひとつである。

米国など強力な制裁をちらつかせつつ、ミャンマーの軍政に「そんな馬鹿なことはやめてだな」とASEANや日本が粘り強く交渉を進めていく必要がある。


Security Council Press Statement on Situation in Myanmar
https://www.un.org/press/en/2021/sc14430.doc.htm

ASEAN Chair’s Statement
https://asean.org/asean-chairmans-statement-developments-republic-union-myanmar/
「深い懸念」か。結局、国連ができることは少ない。世界には、深く懸念すべきことは山ほどある。行動が伴わなければ、時間が経過すると世界はスルーしてしまう。
国連安全保障理事会が、アウンサンスーチー国家顧問兼外相らの拘束に「深い懸念」を示すとともに、即時解放を求める報道声明を発表しています
ここでもまた米中冷戦。