新着Pick
335Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
テックキャンプで、川鍋さんといっしょだったのですね。
川鍋一郎さんは、日本交通会長、Mobility Technologies会長。
タクシーアプリのGO、愛用しています。
人気 Picker
考えることも重要だが、行動することで新たな情報を得、次の手が見えてくるー苦しくても(苦しいからこそ)行動することの大切さを感じるお話でした。
ウェルスナビの創業者でCEO・柴山和久氏の連載第5回です。
---
一人ひとりに最適な資産運用を提案し、ほったらかしでも自動で運用を続けてくれるロボアドバイザー投資サービス。その国内最大手であるウェルスナビは2020年末にロボアドバイザー投資専業として日本初となる上場を果たし、公開価格を50%以上上回る初値をつける人気となった。

2015年に同社を創業し、経営の舵取りを続ける柴山和久氏は、東大、財務省、マッキンゼーという華やかなキャリアを歩んできた。しかし、人生の価値観を大きく変える挫折や経済的困窮も経験したという。

預かり資産が4000億円に達したウェルスナビは、資産運用ビジネスを通して何を目指そうとするのか。柴山氏の「お金哲学」に迫る。(全7回)

■第1回 金融リテラシーがないと豊かになれない社会は間違いだ
■第2回 死に物狂いでMBAを取得したのに、就職できない
■第3回 投資の損失リスクゼロは不可能。どうすればいいか
■第4回 お金の有無で人生の豊かさは測れない
■第5回 10兆円も10万円も、資産運用の基本は同じ
■第6回 どんなに激務でも休日に仕事をしてはいけない理由
■第7回 金融危機はこの先、何度でもやってくる
テックキャンプにご自身で参加されてたのは驚きです。テックキャンプへの参加は、恐らくですが、自身で理解し学ぶということもそうですが、そこで仲間集めを狙っていたと思っています。

創業時の仲間集めとして、自分のビジョンを掲げ、行動力と本気度を持ちいかに周囲を巻き込んでいくのかということはあるべき姿であり重要だなと改めて感じます。
資産運用の前提は、過去の延長です。過去が良ければ将来も良いハズ、とみなすわけです。1980年の英米での新保守主義革命以降は、少し前にバフェットも言ったように、資本主義の黄金時代でした。言い換えると、投資が大きな収益を出す時代だったわけです。この前提を将来に引き延ばすなら、ほったらかしでも投資は儲かる、ということになります。しかし、脱炭素のコスト負担、週休3日、残業禁止など資本主義が見直されれば、過去の延長とはならないことには注意する必要があります。1970年代にも、くたばれGNP、公害削減、差別禁止、社会保障充実など資本主義を見直す社会運動が盛り上がりました。しかし、結果は大失敗で低成長と高インフレとなるスタグフレーションを招きました。株価も債券価格も暴落して10年以上にわたり低迷しました。当時、生活資金を投資に振り向けた人は、大変なことになったはずです。生活資金を投資に振り向けるのは控えるべきですね。
連載を拝見していて一貫して感じたことは
「知ろうとする姿勢」「真摯に向き合い、未知の領域に飛び込んでいく姿勢」を感じます。言うは易しですが、、
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。