新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「一瞬一瞬を楽しいものに、、」共感しかありません。キャリアプランを考えすぎるより、ワクワクして楽しい仕事を追求していくと、自然と自分らしいキャリアパスが生まれてくるものです。

そして、「女性という枠ではなく」もまさしくその通り。性別に関係なく一人ひとりが輝く社会にするために企業が何ができるかをより考えていく時代だと切に思います。
米良さんの話を聞いてやはり残ったのは行動力。それも、事業を始めることだけでなく、必要だと思ったら周りを説得して留学に行ってしまうといった準備の行動力も含めて。キャリアを描いてバックキャストするのも1つですが、夢中になれるものを積み上げていくのも1つと思います(私の場合は後者でした)。
READYFORの米良はるかCEOの連載第7回(最終回)です。
---
お金を必要としている人が声を上げ、その思いに共感した人が寄付というかたちでアクションを起こすクラウドファンディング。

この業界を牽引するのが「READYFOR(レディフォー)」だ。2011年、22歳で起業した米良はるか氏は、資本主義ではお金が流れにくいところへ迅速に流す仕組みをつくり、社会を変えようとしている。

目指すのは、国に代わるほどの金融機関という。米良氏が描く理想の社会とは。(全7回)

■第1回 クラウドファンディングで社会問題を解決する
■第2回 支援が少ない分野にお金を流す仕組みをつくる
■第3回 アイデアを持つ個人の活躍の場が広がる時代が来る
■第4回 人生に「起業家」という選択肢を
■第5回 パッションだけでは成長しない
■第6回 「100冊読書」歴史上のリーダーに学んだ結論
■第7回 キャリアプランは不要、一瞬一瞬を楽しく生きる
「キャリアプランは不要、一瞬一瞬を楽しく生きる」ということはどういうことなのでしょうか。僕なりに考えると、自分は今何をすべきなのか、したいのか、を自分と向き合ってよく考え、または直観で浮かんでくるものに正直に、躊躇なく全力でぶつかっていく、ということなのでしょうね。
即ち突破力のある人の言葉なのですね。言い換えると、突破力、行動力、スピード、集中力・・・などが乏しい人は、まずは自分と向き合って、私は何をやりたいのかをよく考えることです。その道を思い描き、それに必要なピースがあるならば、それを獲得する計画を立てて、自分を鼓舞して行動することですね。「意図的に生きる」人生は楽しいことを知る必要がありますね。
キャリアプランを立てずに今やりたいことをやるというのも納得です。ジョブスの有名なスピーチで、今やりたいことに没頭していれば、いずれ点と点が繋がり自分のキャリアが見えてくる、振り返って繋げることはできても予め繋げることはできないと言っていましたが、自分も40代になってその意味がやっと理解できました。
キラキラしてて眩しい。自分もGW明けから、キラキラする決意した。
この様な、爽やかな起業もあるんですね。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。