新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
READYFORの米良はるかCEOの連載第3回です。
---
お金を必要としている人が声を上げ、その思いに共感した人が寄付というかたちでアクションを起こすクラウドファンディング。

この業界を牽引するのが「READYFOR(レディフォー)」だ。2011年、22歳で起業した米良はるか氏は、資本主義ではお金が流れにくいところへ迅速に流す仕組みをつくり、社会を変えようとしている。

目指すのは、国に代わるほどの金融機関という。米良氏が描く理想の社会とは。(全7回)

■第1回 クラウドファンディングで社会問題を解決する
■第2回 支援が少ない分野にお金を流す仕組みをつくる
■第3回 アイデアを持つ個人の活躍の場が広がる時代が来る
■第4回 人生に「起業家」という選択肢を
■第5回 20代社長がぶつかった組織づくりとリーダーの壁
■第6回 歴史的リーダーの英知を闘病中の100冊読書から
■第7回 キャリアプランは不要、一瞬一瞬を楽しく生きる
まさにJust do it.

そう、「学生です!」カードを持ってると利害無く会ってくれる人が多くいるのでガンガン行けますよね。そして大人になったら逆に学生にpay back! と。
>当時は学生だったので、勢いと興味でどんどん会いに行っていました
誰かを応援したいという人は沢山いる。
応援する事で自分自身も元気になる。
誰かと誰かとが、アイデア、やりたい事で、繋がりやすい時代になったのは本当に良いことだと思う。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。