新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
READYFORの米良はるかCEOの連載を本日からスタートします。
---
お金を必要としている人が声を上げ、その思いに共感した人が寄付というかたちでアクションを起こすクラウドファンディング。

この業界を牽引するのが「READYFOR(レディフォー)」だ。2011年、22歳で起業した米良はるか氏は、資本主義ではお金が流れにくいところへ迅速に流す仕組みをつくり、社会を変えようとしている。

目指すのは、国に代わるほどの金融機関という。米良氏が描く理想の社会とは。(全7回) 

■第1回 クラウドファンディングで社会問題を解決する
■第2回 支援が少ない分野にお金を流す仕組みをつくる
■第3回 魅力的な個人にスポットが当たる時代が来る
■第4回 人生に「起業家」という選択肢を
■第5回 20代社長がぶつかった組織づくりとリーダーの壁
■第6回 歴史的リーダーの英知を闘病中の100冊読書から
■第7回 キャリアプランは不要、一瞬一瞬を楽しく生きる
国の補完をするという視点はありそうで以外になかったという気がします。緊急事態宣言を見てもそうですが「既存のルールの延長ではない」動きが今こそ必要です。
Readyforは本当に凄いと思います。尊敬の念しかない。担当についてくれる中の人たちも素晴らしい。
ただし、3月にもVCから増資をしていましたので、今後上場をしていくんだと思いますが、ビジネスモデルとしてどうなのか?は疑問です。テイクレートは15%ー20%の間くらいでどのくらい今のサービスを大きくしていけるのか。その先の成長戦略はどうなっているのか。
サービス提供内容が素晴らしいと思うだけにとても心配です
もう起業されて10年経つんですね!
連載楽しみです
公助には必ず限界がある。その隙間を埋め、有意義なプロジェクトの社会実装を促すクラウドファンディングが定着しつつあるのは本当に良いこと。ただ、中には景品表示や薬事法に抵触する企画もちらほら散見される。運営会社の本意ではないにせよ「支援心理を利用したいだけではないか」と疑問を感じる場面も少なくない。監視体制や企画の社会的意義の判断、今後さらに重要性を増すでしょうね。
READYFORは最も好きな企業の1社なので連載が楽しみです!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。