新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひとつの事をトコトン追求していくことが、いかに大切かを痛感します。

三等地でビジネス成り立てば、そんな素晴らしいことはないです。小売業は、常に店舗家賃が悩みの種。一等地より売上は低くとも格安家賃のお陰で、しっかりと利益が取れるビジネスモデルは賢いアプローチですね。

そして、変なネーミングには「共感とサプライズの共存」があるから、一見ミスマッチな二つの要素で心惹かれるのでは。バブリーいくよは、ああ懐かしいという共感と共に、美味しいのサプライズなど。変なネーミングと共に最終回まで記憶に残る連載でしたね。
一見コモディティといってよいパンの可能性を再認識するシリーズでした。パン以外にもいろいろありそうです。

最初の時にも触れたのですが「変わった店名」のところはまだモヤモヤしています。確かにギャップ、驚きはあるとは思うのですが、刺激が強いほど飽きられるのも早いので。最終的には味・品質でリピーターを蓄積するとすると、垂直立ち上げを狙うということなんでしょうか。「普通の店名」のお店も出して比較してみる…なんてことはできないのかもしれませんが、興味あります。
ジャパンベーカリーマーケティング社長・岸本拓也氏の連載第7回(最終回)です。
---
街を歩いていて、巨大な明朝体の文字が目に飛び込んできたことはないだろうか。「考えた人すごいわ」「告白はママから」「あせる王様」「並んで歯磨き」……。

店の看板のようだが、これは店名なのか? それとも何かのメッセージ? しかも周囲には行列ができている。

「これ何?」「パン屋さんだって」「うそぉ!」

こんな戸惑いと驚きを日本全国で勃発させているのが、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏だ。

冒頭に挙げたのは、すべて彼がプロデュースした高級食パン店の名前である。パンという身近な食品の買い物を、エンターテインメント体験に変えた岸本氏とは、いったいどんな人物なのか。その正体に迫る。(全7回)

■第1回 変な名前の高級食パン屋をプロデュースする男の正体
■第2回 難しいものより、わかりやすいものが売れる
■第3回 外資系ホテルを辞めて、パン屋を始めた理由
■第4回 商売の危機「3日、3月、3年」の壁がやってきた
■第5回 技術やプライドは邪魔。職人から「食人」主導の店へ
■第6回 高級食パン専門店は一般のパン屋と戦ってはいけない
■第7回 変わった店名のつけ方と「三等地戦略」
記載の通り、住宅街にお店がオープンするとなった時に、奇抜なカラーの看板と題名では全く何のお店なのかわからないところに惹かれて、パンフレットをいただいた記憶があります。家族も、あのお店何屋さんなの?という話題になり、食パンだけを売っているお店らしいということで、話題になっていました。
変わった店の名前の意味が気になり、住宅街の場所でオープンするということで、初日も人が行列で並んでいました。話題性だけでなく、食パンがリピーターになるほど美味しかったので、また繰り返し買いに行っていますが、最初の変わった名前だけでなく、売っている品そのものの品質が次に買う動機につながっています。コロナ禍でオープンしていることもあり、リモートワークで住宅街にいる人の密度が高いせいか、お店へ買いに行く層も幅広いことを感じます。
人への印象をどうつけるか、名前や立地など工夫が多々あると思いますが、やはり最後は「おいしい」というところが全てつながっています。
「パンを基軸に人の役に立ちたい」岸本さんの強さ。
広めていくには自分の思想信念主義主張が大事だと思っていてまさにそれがあります。
一人一人の美学、哲学を知るのはとても面白い。
例え有名な人じゃなくとも、ビジネス成功者でなくとも、生きてきた背景には、様々な持論、考え方、美学、哲学がある。

自分の体験や経験を色鮮やかに言語化出来るかが鍵であるように思える。
なぜ自分はこういう判断に至ったのか、選択をしたのか。それは過去に誰とどの様な体験をして、どんな結果や感情を持ったのか。
ある意味で”うまくいく"為には、自分自身で今まで貯めてきた膨大な経験、知識を引き出せる様にしているかが大事。

「テツジンのテツガク」はそういう事を知る事ができてとても良い。
「パンを基軸に人の役に立ちたい」とはまさしくパーパスドリブンですね。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。