新着Pick
573Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
マジで完全共感でしかない。「食人」って言葉は使わせてもらおう!WAGYUMAFIAも小麦の奴隷も全部その考えでやってます!
人気 Picker
「プライドが邪魔をすることがある」その通りですね。日々の仕事でも、プライドが高すぎるが故に、フィードバックを素直に受けとめられず、勿体ないと思う場面があると思います。プライドは時に成長を阻みます。

そして、「当たり前に疑問を持つこと」も大切。そのためには、様々な経験と柔軟性が求められます。

さらに、「心を届ける」が一番響きます。小売業は、単にモノを売るのではなく、買ってくださる方のライフスタイルを豊かにして、ワクワクとハッピーをお届けできる。そして、社会を豊かにするパワーを持っています。そういう想い、一番大切です。
モーモーハウス大槌の話は「何を」と同じかそれ以上に「誰に」届けるかが重要だということですね。「ひとりにむけて」映画を作るという是枝監督と通じるものがあると感じました。
ジャパンベーカリーマーケティング社長・岸本拓也氏の連載第5回です。
---
街を歩いていて、巨大な明朝体の文字が目に飛び込んできたことはないだろうか。「考えた人すごいわ」「告白はママから」「あせる王様」「並んで歯磨き」……。

店の看板のようだが、これは店名なのか? それとも何かのメッセージ? しかも周囲には行列ができている。

「これ何?」「パン屋さんだって」「うそぉ!」

こんな戸惑いと驚きを日本全国で勃発させているのが、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏だ。

冒頭に挙げたのは、すべて彼がプロデュースした高級食パン店の名前である。パンという身近な食品の買い物を、エンターテインメント体験に変えた岸本氏とは、いったいどんな人物なのか。その正体に迫る。(全7回)

■第1回 変な名前の高級食パン屋をプロデュースする男の正体
■第2回 難しいものより、わかりやすいものが売れる
■第3回 外資系ホテルを辞めて、パン屋を始めた理由
■第4回 商売の危機「3日、3月、3年」の壁がやってきた
■第5回 技術やプライドは邪魔。職人から「食人」主導の店へ
■第6回 高級食パン専門店は一般のパン屋と戦ってはいけない
■第7回 変わった店名のつけ方と「三等地戦略」
パン屋のオーナーはパン職人でなくてもいいし、格闘技ジムや団体のオーナーも格闘家でなくてもいい。
プライドが全ての可能性を断絶してる事は、かなりあると思います。
これからの時代は、こだわるならしっかりそれを伝える事が必要。
伝えなければこだわってないものと、同じに見られる可能性だってありますよね。
廃業理由は様々でしょうが、廃業前より盛り上げられるということなのでしょうね。
"廃業するパン屋さんをほぼ無償で買い取って、パン屋さんを始めたい人が腕試しの場とする「レンタルパン屋さん」"
どん底を体験しても、やりたい事を仕事にする‼︎素晴らしい‼︎
よい記事ですね。記事中の、以下の言葉…日本の大企業などの人たちには、ぐさりと刺さるのでは?

新事業開発やイノベーションという分野は、心の豊かさが肝だと考えています。

(以下、記事中から引用)
長時間労働をして、おいしいものを食べに行ったり旅をしたりしないでいると、どうしても発想が行き詰まってしまうのではないでしょうか。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。