新着Pick
431Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面白い!
人気 Picker
ジャパンベーカリーマーケティング社長・岸本拓也氏の連載第2回です。
---
街を歩いていて、巨大な明朝体の文字が目に飛び込んできたことはないだろうか。「考えた人すごいわ」「告白はママから」「あせる王様」「並んで歯磨き」……。

店の看板のようだが、これは店名なのか? それとも何かのメッセージ? しかも周囲には行列ができている。

「これ何?」「パン屋さんだって」「うそぉ!」

こんな戸惑いと驚きを日本全国で勃発させているのが、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏だ。

冒頭に挙げたのは、すべて彼がプロデュースした高級食パン店の名前である。パンという身近な食品の買い物を、エンターテインメント体験に変えた岸本氏とは、いったいどんな人物なのか。その正体に迫る。(全7回)

■第1回 変な名前の高級食パン屋をプロデュースする男の正体
■第2回 難しいものより、わかりやすいものが売れる
■第3回 外資系ホテルを辞めて、パン屋を始めた理由
■第4回 商売の危機「3日、3月、3年」の壁がやってきた
■第5回 技術やプライドは邪魔。お客さんと地域の役に立つ店
■第6回 高級食パン専門店は一般のパン屋と戦ってはいけない
■第7回 変わった店名のつけ方と「三等地戦略」
特に子供がパンを食べるときは、複雑な名前と味が繊細で見た目も美しさを引き出すパンもより、単純なメロンパンや、揚げパンに手がのびますね。
大人は複雑なパンもその貴重さに楽しみますが、総じてどちらが多く買うかというと単純なパンかなと。
発想の源、確かにそうだなと思うと共に、まだ子供たちに間に合うと思い、(大人もまだ間に合うと思っています。)音・旅・服・食 大事にしたいと思います。
高尚な小説よりもエンタメノベルが売れるのと同じと思いました。小説家として、あるいはパン職人として育つと知らないうちに業界の序列に染まってなかなかそうした発想は出にくいのも確かだと思います。
「発想の源は『音・旅・服・食』だから、もっと遊ばないとダメだよ。自分が楽しまないとお客さんを楽しませられないよ」

出口治明さんは、「人・本・旅」と言いますね。
「ほかの同級生たちが行ったことのない場所に行き、したことのないことをした経験は僕の自信となり」
高校時代、古文の先生が「古文なんて受験が終わったら使わないから無駄なんだけど、無駄がある方が人生豊かなんだからな」というようなことを授業中に話していたのを思い出しました。
個人的には、無駄かどうかは人生の最後に判断すればいいことだと思うので、とにかく若いうちから多種多様な体験をする、というのは大事にすべきだと思います。
今の暮らしも家族と仕事に恵まれ決して悪くないんだけど、コロナで失われたものこれ!私の場合は、『旅・人・食・音』だけど!  「発想の源は『音・旅・服・食』だから、もっと遊ばないとダメだよ。自分が楽しまないとお客さんを楽しませられないよ」
「発想の源は『音・旅・服・食』だから、もっと遊ばないとダメだよ。自分が楽しまないとお客さんを楽しませられないよ」

この部分、本当に大事なことです。現在進行系でキャッチアップ努力している途中です。手遅れ感も否めませんが…笑。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。