新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビズリーチ創業者でビジョナル社長・南壮一郎氏の連載第6回です。
---
2009年にビズリーチを創業し、即戦力人材の転職市場を可視化した南壮一郎氏。創業10年の節目で社長の座を譲り、同社を含む4社を統括するホールディングカンパニー、ビジョナルの社長に就任して1年が過ぎた。

起業する前には楽天イーグルスの球団設立に参画し、さらに遡ればモルガン・スタンレーからキャリアをスタートさせている。華やかな成功の連続のように映る道のりの原点は、「強烈なマイノリティ体験」だったという。

南氏の「仕事の哲学」に迫った。(全7回)

■第1回 ビズリーチ創業者がゼロリセットを繰り返す理由
■第2回 チャンスを引き寄せる「言葉」の種まき
■第3回 一瞬の縁が、人生を決める
■第4回 三木谷さんへ全力プレゼン20分、楽天イーグルス創業
■第5回 事業づくりのステップ。まず一次情報を取りに行く
■第6回 ビズリーチからビジョナルへ。仲間と新たな歴史
■第7回 変わり続けるために、学び続ける
今の環境に甘んじることなく、主体的に先を見据えて動いていく姿勢が素晴らしいですね。

ビジョナルやビズリーチに入社すると、成長痛になりそうです。
2009年の会話がリアルですね。
ちなみに僕は当時のビズリーチの初期のメンバー(役員ではなかった)とどうやったら人のマネジメントをうまくできる、人が増える中で会議体はどう設計してるのかなどリアルな相談をしあっていました。
こういう横のつながりが、それぞれを成長させてきた実感があります。
内容は良いんですが、今日のパートは抽象的すぎでは。
経験談や事実もう少し欲しかったかな。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。