新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「縁」には、血縁とか何処出身という「地縁」や人脈という「人縁」を直ぐに思いつきますが、私が思うもう一つの縁に出会いというチャンスを活かす「機縁」があります。一瞬の出会いの判断、特に右から左かの大きな決断には損得勘定でなく、流れに身を任せてみるという直感も大事だと経験してきました。共感で頷きながら読ませて頂きました。
人気 Picker
「ご縁」って本当に大切と思います。私もいったんはマスコミに行くといってBCGを断りながら結局CDIに入ったのはそれ以外ありません。昨日の話もそうですが、転機はすべてチャンスで、それを生かせるかどうか。人生の選択だけでなく、人生そのものに正解はないのではないでしょうか。自分で作っていくものだから。人の作った正解を求めると人のせいにしたくなります。
ビズリーチ創業者でビジョナル社長・南壮一郎氏の連載第3回です。
---
2009年にビズリーチを創業し、即戦力人材の転職市場を可視化した南壮一郎氏。創業10年の節目で社長の座を譲り、同社を含む4社を統括するホールディングカンパニー、ビジョナルの社長に就任して1年が過ぎた。

起業する前には楽天イーグルスの球団設立に参画し、さらに遡ればモルガン・スタンレーからキャリアをスタートさせている。華やかな成功の連続のように映る道のりの原点は、「強烈なマイノリティ体験」だったという。

南氏の「仕事の哲学」に迫った。(全7回)

■第1回 ビズリーチ創業者がゼロリセットを繰り返す理由
■第2回 チャンスを引き寄せる「言葉」の種まき
■第3回 一瞬の縁が、人生を決める
■第4回 三木谷さんへのプレゼン20分、楽天イーグルス創業
■第5回 事業づくりのステップ。まず一次情報を収集
■第6回 ビズリーチからビジョナルへ。仲間と新たな歴史
■第7回 変わり続けるために、学び続ける
南さんがモルガンスタンレー に入社した時、私はモルガンで新しい金融商品を開発する事業の日本とアジアの責任者(MD)をしていて、東京の拠点にいましたので、当時のことは今でもよく憶えています。ボストンでそんなことがあって、それがモルガンスタンレー を選んでくれたきっかけになったとは知りませんでしたが、人生の決断は案外そんな流れで決まるのかもしれません。面白いですね。
まさに自分が自分の選択を決め込むタイプなので刺さりました。
「決め込んだ結果を正解にすべく努力すれば良い」が自分の信念なので。
ただ、どちらにせよ正解にするのであれば流れに乗っても良いと言うのは仰る通りです。
「何にせよ正解にしてやる!」
そんな心意気が大事なのだと感じました。

>> AかBか、選択を迫られるという場面が、人生には時々あります。僕がそうだったように、情報をたくさん集めた結果、「Aでなければ進まない」と決め込む人もいるでしょう。
けれど、おそらく“正解”はない。ならば、流れに乗ってもいいのではないか。腹を決め、覚悟して、飛び込んでみる。その先のシナリオをとことん楽しむ人生を選んでもいいんじゃないか。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。