新着Pick
279Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
有言実行の言霊が運も引き寄せる力になる事も。
人気 Picker
チャンスを受け身で待つのではなく、自ら引き寄せる努力をすることなのですよね。
自分が実現したいと思った内容は言葉や文字に表しておくこと。
仮に言葉でまたは文字で表現されて、結果うまく実現できなかったとして、恥ずかしいと思うことがあっても、それだけのことで自分が恥ずかしいと思っていることだけにしかすぎないわけです。
しかし、言っておくことと言わずにいることとでは、周りの対応も変わります。
こう言っていたなと誰かの記憶に残り、誰かに何かのきっかけでチャンスはめぐってくるかもしれません。チャンスを個々が引き寄せる言葉の力は大きいです。
ビズリーチ創業者でビジョナル社長・南壮一郎氏の連載第2回です。
---
2009年にビズリーチを創業し、即戦力人材の転職市場を可視化した南壮一郎氏。創業10年の節目で社長の座を譲り、同社を含む4社を統括するホールディングカンパニー、ビジョナルの社長に就任して1年が過ぎた。

起業する前には楽天イーグルスの球団設立に参画し、さらに遡ればモルガン・スタンレーからキャリアをスタートさせている。華やかな成功の連続のように映る道のりの原点は、「強烈なマイノリティ体験」だったという。

南氏の「仕事の哲学」に迫った。(全7回)

■第1回 ビズリーチ創業者がゼロリセットを繰り返す理由
■第2回 チャンスを引き寄せる「言葉」の種まき
■第3回 人生の選択に正解なし。流れに乗ってみよう
■第4回 三木谷さんへのプレゼン20分、楽天イーグルス創業
■第5回 事業づくりのステップ。まず一次情報を収集
■第6回 ビズリーチからビジョナルへ。仲間と新たな歴史
■第7回 変わり続けるために、学び続ける
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。