新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
個人的に、彼は世代を代表する大経営者となる方だと信じていまして、応援しています。

仲間と絆を大切にしながら、既得権、既存体制にカウンターを仕掛けるマインドを持っていて、その点三木谷さんと似ていると思うのですが、決定的な違いは、このグレートリセットですよね。

根本的には精神的な自由を愛する要素が強いというか。もう少しヒッピー感があることで、それがまた味となっているのではないでしょうか。
人気 Picker
ビズリーチ創業者でビジョナル社長・南壮一郎氏の連載を本日からスタートします。
---
2009年にビズリーチを創業し、即戦力人材の転職市場を可視化した南壮一郎氏。創業10年の節目で社長の座を譲り、同社を含む4社を統括するホールディングカンパニー、ビジョナルの社長に就任して1年が過ぎた。

起業する前には楽天イーグルスの球団設立に参画し、さらに遡ればモルガン・スタンレーからキャリアをスタートさせている。華やかな成功の連続のように映る道のりの原点は、「強烈なマイノリティ体験」だったという。

南氏の「仕事の哲学」に迫った。(全7回)

■第1回 ビズリーチ創業者がゼロリセットを繰り返す理由
■第2回 チャンスを引き寄せる「言葉」の種まき
■第3回 人生の選択に正解なし。流れに乗ってみよう
■第4回 三木谷さんへのプレゼン20分、楽天イーグルス創業
■第5回 事業づくりのステップ。まず一次情報を収集
■第6回 ビズリーチからビジョナルへ。仲間と新たな歴史
■第7回 変わり続けるために、学び続ける
創業者として短期間で素実績をだされている方は、御両親の教育方針もあろうかとは思いますが、、幼少期から自分軸がしっかりされているんだなあ、と、思いながら拝読しました。

>海外の4年制大学に直接進学した生徒は僕の知る限りいないらしく、先生たちは皆、「前例がない」と反対でした。
地方の教育のバイアスを教員が掛けていることの事例だなあ、納得しちゃいました。このバイアスにより進路選択を狭められる環境に自分自身も居たので、多様性は教育から必要だと改めて思った次第です。
尊敬する南社長、いつもポジティブなオーラをまとっていて素敵です。いつか、スポーツ界のDXにも関わってくれると、楽しみにしています!
ビズリーチはユーザーとしても知っていたが、南さんのことは知らなかった。最初から引き込まれる展開です。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社ビズリーチ(英語: BizReach Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く、インターネットを活用したサービス事業などを行う会社。 ウィキペディア