新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正解のない時代ではダイバーシティは企業戦略として非常に重要な要素になります。
戦略上の解を見つけていくときに、試行錯誤が求められるからです。
半面、60年代、70年代の発展途上国だった日本では、「米欧先進国の作ったものを大量に安価につくる」という戦略的な正解があったので、多種多様な意見はかえって戦略的には非効率だったと考える。
しかし、今は正解のない時代。ダイバーシティによる試行錯誤の促進は不可欠。
が、それ以上に重要なことは、そこから戦略的な資源配分を決断することだ。単なる試行錯誤ならだれでもできる。
キャシー松井さんほどの方がこれほどまでに日本のESGを押してくださっているのは本当に心強いです。

ESGと企業価値の関係、ESG投資のパフォーマンスについては、明らかにポジティブという実証研究結果や投資実績がある一方、相関関係は見出だせても因果関係でない、測定期間でたまたま得られた結果に過ぎないといった指摘があるのも事実です。

ニュートラルに言って、現時点ではアノマリー(理論的には説明できない経験則)に過ぎないという感じです。

だからといって根拠がないということではないでしょうし、世の中のイノベーションやヒットした新しいものに最初から論理的に説明の付いたものなどないでしょう。説明が付いていたらイノベーションになりませんし。iPhoneだって最初はおもちゃだと散々バカにされていました。

ESGも同じですし、そもそも投資・金融の世界にはアノマリーがたくさんあるものです。ESGで最先端を行っているヨーロッパでは、ESGが主流になると信じて疑わない強い理念を持ったおカネが既にダムから放流された水のように大量に流れ込んでいます。

ということで、ESGを中心に据えたファイナンスのあり方をみんなで考えるNewSchoolのプロジェクトにご関心のある方はこちらから是非どうぞ~♪(笑)

https://newschool.newspicks.com/overview43?_ga=2.162101244.1953097567.1615253577-1875904868.1548572264
キャシー松井さんの連載第5回です。
---
「ウーマノミクス」の提唱者であり、ゴールドマン・サックス証券(GS)の副会長、そしてチーフ日本株ストラテジストとして活躍してきたキャシー松井氏。約30年にわたるGSでの日々において、ほぼ下り坂の日本経済を見据え、女性の活躍推進に尽力してきた。昨年末に退職し、次のステージに進もうとしている。

日系アメリカ人2世として育ち、大学卒業後に初めて訪れた日本での生活も、もうアメリカ生活より長い。農業移民として苦労してきた両親、大学進学が10人にも満たない高校からのハーバード大学進学、そして日本でのキャリア──。

「社会へ恩返しをしたい」と語るキャシー松井氏が描く日本の成長戦略とは。(全7回)

■第1回 ウーマノミクス提唱者がGSを退職、次のステージへ
■第2回 お金は降ってこない。働く価値を農業で学んだ
■第3回 姉弟4人ハーバード進学。教育は最良の投資だ
■第4回 女性活躍と多様性こそ日本経済の成長ドライバー
■第5回 なぜ世界が日本のESG投資に期待しているのか
■第6回 闘病を乗り越え、気づいた自分のミッション
■第7回 50代のキャリアチェンジ、社会に恩返しをしたい
組織論的にも極めて大切です。「多様性は会社を強くする。多様性とは、ジェンダーだけではありません。年齢、国籍、宗教、教育バックグラウンドなど多岐にわたりますが、一番重要なのは、「考え方の多様性」(英語では「Cognitive Diversity」)です。」
日本人は、順応能力が高い人種だと思います。それは素晴らしい能力だと思います。でも、逆に誤った方向に突き進んでしまう弱点にもなると思います。
その意味でも多様性は、企業だけじゃなく国としても重要だと思います。
そして、声を上げれらる雰囲気が必須だと思います。

〉ダイバーシティを味方につけることが、会社の強さになっていく
多様性はイノベーションとリスク管理になるという点に激しく同意します❗️義務でもコストでもなく組織にプラスになる。
また、シンプルに女性活躍の後押しはコストではなく人材投資という考えに改めて納得しました。
組織の女性の活躍について、
ホントこれその通りですよね。

-----
これはコストではなく、「投資」です。日本の場合、一番の資源は人材なのです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。