新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新卒でゴールドマンサックスで働いていた時、エレベーターでキャシーさんが乗ってきて「あ。有名な方だ!」とはっとしました。有名なのに、偉そうでも忙しそうでもイライラもした様子も一切なく、すごく自然体な印象を受けてびっくりしたことを覚えています。

キャシーさんのインタビューシリーズを読み、日本に新しい生き方とはたらき方を提示してくれるインスパイアリングな方が、日系というつながりはあれど、今でも日本に諦めずにむしろ「オプティミスト(本文より)」として日本を選んでくれ続けているという事実にとにかく感動しています。
キャシーさんがおっしゃるように、仕事を本気で楽しむ女性が「あるべきリーダー像」に自分を合わせていくのではなく、かといって自分のはたらき方こそあるべきだと自分の正しさだけを唯一のものと主張するのでもなく、柔軟に多様な在り方をありのまま皆が受け入れられるようになれば、日本で皆が幸せになると思います。

個人的には出来るプロフェッショナルは即レス!という仕事観が日本から撲滅されることを願って一人で抗議活動中です。
「どの国でも、成長ドライバーは3つしかありません。人材、資本、生産性です」
ESG投資について語られるであろう明日も見逃せません。
ゴールドマンサックスは女性リーダーに投資するで有名。
日本企業にも真似してもらいたい。

松井さんほど前には出てきませんが、リーダーシップに女性が比較的いたりします。
話を聞くと、ゴールドマンが全体的に男社会なのは変わらないようですが。
以下の引用、とても刺さる指摘です。

記事から引用)
そこでイメージされている管理職って、昭和のおじさんたちではないですか? べったり組織にいて、起きている時間をほとんど会社に費やすというタフな役割。長時間労働であり、やっていても楽しいわけではない。

「研究者に休日はない」。自身の指導教員から言われた言葉で、きっとそうなのでしょうが、私はやっていけるのだろうかと思い悩んでもきました。

そういうモデルでは後に続かないでしょうと思いつつ、休みのない働き方の人達が実際には多くの業務を担って支えているという事実も(少なくとも大学には)あり、答えの出ないまま、いつも葛藤しています。
「イメージされている管理職って、昭和のおじさんたち」
「そんな昭和の管理職だけが唯一のリーダーモデルではない」

その通りですね。そういう男性性の強いバイアスが今でもまだまだはびこっていますね。しかし、急激に変わりつつあると感じます。Y世代、Z世代の若者たちが子育て世代になり、彼らが昭和の古い価値観をあからさまに一刀両断することが当たり前に行われ、親の世代も共感しているように、風向きは一気に変わってきたように感じます。その中で、ロールモデルになる女性リーダーがメディアにもどんどん登場し、光り輝いている姿を見せています。

私も女性が更に活躍できるようにサポートする仕事もしていますが、女性自身もリーダーはマッチョでなければならないというバイアスに染まっているケースもありますね。あなたらしいリーダーシップでいいと、背中を押してあげると晴れやかに成長していくような気がします。

コロナ禍で、会社の意思決定は居酒屋とたばこ部屋で決まる、的なオッサンのムラ社会的時代は完全に終わりました。コロナ禍のもやもやの一方で、D&Iは一気に進むような実感があり期待できます。
キャシー松井さんの連載第4回です。
---
「ウーマノミクス」の提唱者であり、ゴールドマン・サックス証券(GS)の副会長、そしてチーフ日本株ストラテジストとして活躍してきたキャシー松井氏。約30年にわたるGSでの日々において、ほぼ下り坂の日本経済を見据え、女性の活躍推進に尽力してきた。昨年末に退職し、次のステージに進もうとしている。

日系アメリカ人2世として育ち、大学卒業後に初めて訪れた日本での生活も、もうアメリカ生活より長い。農業移民として苦労してきた両親、大学進学が10人にも満たない高校からのハーバード大学進学、そして日本でのキャリア──。

「社会へ恩返しをしたい」と語るキャシー松井氏が描く日本の成長戦略とは。(全7回)

■第1回 ウーマノミクス提唱者がGSを退職、次のステージへ
■第2回 お金は降ってこない。働く価値を農業で学んだ
■第3回 姉弟4人ハーバード進学。教育は最良の投資だ
■第4回 女性活躍と多様性こそ日本経済の成長ドライバー
■第5回 なぜ世界が日本のESG投資に期待しているのか
■第6回 闘病を乗り越え、気づいた自分のミッション
■第7回 50代のキャリアチェンジ、社会に恩返しをしたい
『成長することを怖がらないで』、というスローガンを掲げて女性のキャリア形成を推進していたりしますが、本当に失礼だなと思います。
成長したくないわけじゃなく、まだまだ日本は男性社会!!
そういう土壌が育っていないことに気づいて欲しいです。

〉日本人女性は別に昇進を目指したくない
「マスコミを含めて、もっと違うリーダーシップのスタイルを女性たちに見せていく必要があります」。心の底から共感。事業を通じてロールモデルの多様性、成功の多様性、人生の多様性に貢献していきたい。
女性活躍と多様性が日本経済の成長ドライバー。そのとおりですよね。

われわれ日本人は2019年のラグビーワールドカップ日本大会での日本代表の躍進で「多様性」こそがいかに大事か、そして、おもしろいことかを十分すぎるくらい理解できたことでしょう。

日本代表に国内で活躍する外国人選手をポジションごとに是々非々で招聘し始めたのは”ミスターラグビー”こと故・平尾誠二さんでした。

平尾さんは「日本代表チームに外国人なんて」といった批判に対しては「ええんや、言わせとったら」とにこやかにかわしていました。絶対にこれが日本のためにになるとの揺るぎない信念があったんですね。

どごぞの爺さんは、ワールドカップの日本誘致の立役者であり、日本ラグビーフットボール協会の名誉会長の地位にありながら、女性の話が長いなんて放言しちゃったんですから、いったい何を学んでいたのかと悲しくなるわけです。
感銘を受けた言葉「国の成長ドライバーは3つしかない。どの国でも、成長ドライバーは3つしかありません。人材、資本、生産性です。」
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績