新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサルから事業会社へ、企業からスタートアップへ、というピボットは最初から上手くいくとは限りません。

特に大企業にいるとブランド、リソースなど当たり前に思っているものが、スタートアップでは完全に振り出しに戻ります。その落とし穴は言うのは簡単ですが、意外と無意識の行動に現れてしまうものです。Peatixの前進の会社の頃は、そういった無意識のバイアスをアンラーンし、客観的に自分たちの立ち位置を見つめ直し、プライドを捨てて行動することが求められていたと思います。

そのような貴重な機会があったからこそ今のPeatixがあると思います。
「まずは食うために」BCGから別れてCDIを作った頃、社長の吉越がよく言っていた言葉を思い出しました。ただ、それだけだと独立した意味がないわけで、元々のミッションに戻れワクワクする事業が見つかったのは幸運だったと言えるのではないでしょうか。これも吉越がよく引用していた「luck favors prepared mind」かもしれません。
竹村詠美さんの連載第4回です。
---
マッキンゼー、アマゾン、ディズニーといった錚々たる世界的トップ企業で経験を積み、共同創業したイベントのチケッティングサービス「Peatix(ピーティックス)」は現在、世界27カ国で利用されている。

次々と新たな分野に挑み、論理的思考力と行動力で道を切り拓いていく竹村詠美氏。

今、力を注ぐのは、次世代を担う日本の子どもたちを育てる教育改革だ。VUCAな時代を生き抜くために必要な力とは何か。国内外の最先端教育を調査し、現場の教師たちをサポートしながら、教育業界に新たなうねりを起こしている。

「未知の世界に飛び込むことが楽しい」と話す竹村氏の原動力とキャリアの軌跡を追う。(全7回)

■第1回 マッキンゼー、アマゾン、ディズニーを経て教育改革
■第2回 コンサルの思考法と自ら学んだ現場主義
■第3回 アマゾンとディズニーから学んだ真逆のバリュー
■第4回 暗黒期があったから新ビジネスが誕生した
■第5回 ニーズやシーズは現地に飛び込んで見えてくるもの
■第6回 なぜIT業界の人は教育分野に力を注ぐのか
■第7回 世界の最先端教育が育てる「子どもの力」とは
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
183 兆円

業績