新着Pick
1155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も海外のニュースレターを色々購読してますが、週1でreminder的に送られてくるのが素晴らしい。ビル・ゲイツのレターやa16z、Deep learning.aiのがおすすめ。質もすごく高く、継続学習効果があり、いつのまにかバイオについてめちゃ詳しくなってたりする。日本のメディアでは残念ながらここまでの深い示唆を得られないことはおおい。
へー。 #宇宙メルマガ もこういう新しいプラットフォームへの移行を考えてみてもいいかも。

今はまぐまぐ→ https://www.mag2.com/m/0001683785
QZ Japanが毎朝提供するDaily Briefは若手経営層の多くが読んでいるグローバルのDaily Briefの日本語版。英語併記なので、ニュースの英語って独特の表現が多いので、是非、日英を照らし合わせながら読んで英語も勉強して頂ければと思っています。
私もここに記載されているようなニュースレターに登録していますが、毎日目を通すものもあれば、ほぼ読まずに受け取っているだけのものもありますね。
基本的にタイトルとか見出しの読みやすさで決めています。
Quartz Japanからの毎日のニュースレターは、確かに従来のメルマガとは違って、それだけで完結するコンテンツとして毎日読む習慣ができてます。(他にそんな風に読むのはないかも…)
アドホックに送られるよりも習慣化していく程度に一定間隔で来るのも大事な気がします。
以前のメルマガは、語弊を恐れず単純化すると、新規ユーザを獲得するための手段であることが多かったのに対して、昨今のニュースレターはエンゲージを高め、ユーザに課金を手段としての位置づけが大きい。

サロンやファンビジネスなど、(SNSなどの汎用的なメディアに近いコミュニティに比べると)小規模だが熱量の高いコミュニティが、ニュースレーターや投げ銭などのマネタイズ手法のイノベーションによって、ビジネスモデルとして成立するようになり、新しい事業、投資領域として注目を集めている。
一見「もうメールの時代じゃない」と言うのではなく、「メルマガ」ではなく、「ニュースレター」という再定義による価値の創出…よい視点の記事ですね。

(以下、記事中から引用)
ニュースレターとメルマガ

今注目される「ニュースレター」と、毎日、皆さんのメールボックスに滝のように送られてくる「メルマガ」との違いは、一体どこにあるのでしょうか。
ニュースレターと呼ばれるメールにはいくつか特徴があります。

1. コンテンツとしての完結性
2.定期的に届けられる習慣性
3. オーディエンスとの深いリレーション

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
一周回って、メールの重要性に気づく。
いろんなものの繰り返しで良いと思うよ。
全部の機能を備えた。。。ってなると全部を使いこなせない中途半端も増えてしまう。
コンテンツの質、その見せ方と、簡潔性・完結性
が、重要と思います。
Quatz
確かに、仕事に、個人の考えの振り返りに役立ちます。
Quartz面白い。ニュースレターで面白いと思ったのは、Quartzだけですね。

一般的なニュースはまったくなく、ものすごいマニアックな世界。
この連載について
Quartzによる「次世代ビジネスパーソン」のためのニュースレターをAMとPMにお届けします📩 登録はこちら👉https://qz.com/japan/
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.43 兆円

業績