新着Pick
379Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
“ライブコマースの総流通額は2020年1~9月で3兆円を突破。2020年通年では4兆円を突破し、サービス開始から3年で、楽天市場とほぼ同規模のEコマース(電子商取引)プラットフォームへと成長した。” まさに爆伸び中。ライブコマースの分野は世界的にみても中国は圧倒的に進んでいると思います。
人気 Picker
寄稿しました。

快手のIPO、あのアリペイ=アント・グループに匹敵する申込み人数、申込み金額で香港証券市場の記録を更新。公募株ゲットからの売り逃げを狙っている投資家も多く、
本日の株価は荒れ荒れになる雰囲気がぷんぷんしています。

記事では快手がなぜ注目されているのか、「最強の二番手」という視点で掘り下げました。たとえばライブコマースでは2020年のGMVは約4兆円。アリババとは差がありますが、サービス3年で楽天市場一つ分のECプラットフォームになっています。
快手(Kuaishou)についての分かりやすい記事ですね!

「アルゴリズム×広告」中心の抖音(Tiktok中国)に対し
「属人的関係×地方深堀り×ライブコマース/投げ銭」で
再追撃というショート動画2強の争いが面白いですね

======過去コメントの再掲ですが======
日本では殆ど無名だが、2大ショートムービーアプリ
として抖音(Tiktok中国)と並ぶ快手(Kuaishou)

ライブコマースでは寧ろ快手に軍配が上がる(!)とも
・’20年ライブコマースGMV(見込):
 快手4兆円(2,500億元) > 抖音3.2兆円(2,000億元)

素人目に見て分からなかったが(汗)実は両者は似て
非なる生き物らしい...
・快手: ソーシャルによる「脱・中心化」ポリシー
 -知り合いや長年のファンとの関係等の繋がりに基づく
  プライベートトラフィック中心
 → 投げ銭の延長としてのライブコマースに適する
・抖音: アルゴリズムによる「中心化」ポリシー
 -運営者のリコメンデーションに基づくパブリック
  トラフィック中心
 → 広告モデルに適する

快手コミュニティは"老铁经济"(兄弟のような昔からの
仲間のエコシステム)と言われており、粘着性の高さが
売りになっているのだそう

IPO申込は140万人、金額は1.28兆HKD(17.3兆円!)
に達してAnt Financialと並ぶ水準だそう
申込期間中、これだけの資金が口座でロックされるため
「有史上、最大の"凍資王"」と呼ばれているとも...

いずれにしろ、ライブコマースの勃興を背景としての
高評価なのではないかと
(うーむ、なかなかついていけない)
高口さんの記事に取材いただき、コメントを掲載いただいています。
抖音と快手の両社のライブコマース領域の成長が淘宝の市場をどう切り崩すか、特に快手は成長著しい地方経済の取り込みに注目しています。
本日、香港証券取引所に上場予定のショート動画アプリ「快手」を運営する「快手科技」について、ジャーナリストの高口康太さんに執筆いただきました。

中国のショート動画と言えばTikTokで、「快手」はあまり注目されてきませんでしたが、急激な成長を続け、TikTokとは違った方向の進化をしています。

同社株はIPO前からグレーマーケットで取引され、既に高騰しています。IPO価格115香港ドルが一時、421香港ドルで取引されていたとの報道もあります。人気、過熱気味です。IPO後の高値づかみには要注意ですが、注目の企業です。

ライブコマースの生の雰囲気を理解されたい方は、こちらの動画もご参照ください。
https://newspicks.com/live-movie/1072/

■追記
クワイショウ、さきほど上場し、IPO価格の3倍近くの338香港ドルで取引されています。このあとどうなるか・・・。
別の記事にもコメントしましたが中国のようにライブコマースはとてつもなく大きな市場があると思います。

今後日本ではYouTube以外のTikTokやインスタなどで広がっていくように思うので要注目ですね。企業としても効果測定が明確になるのでプラットフォーム側にコマースの機能が組み込まれるのは企業側もインフルエンサー側にもニーズがあるので時間の問題で広がるように思います。

それにしてもNewsPicks編集部の方の記事のクオリティが高くてとても学びになり感謝です!
ライブコマースと投げ銭というスタイルが中国で確立されています。人気のインフルエンサーは一人で数百億円を売り上げている。信じられない話です。

商品を買うのになぜ投げ銭をするのか不思議ですが、インフルエンサーに名前を呼んでもらいたいという一心なのでしょう。
可処分時間について、KuaishouとBytedanceが伸び、Tencent(WeChat)が一番減っているというのが興味深い。
あとは、扱っているサービスの違いは色々あっても、可処分時間と売上に大きな差があれば、埋まっていきやすいのが世の常。売上は色々なビジネスモデルもあるので、一番良い指標ではないが、可処分時間が高い=チャネルパワーを有している、ということなので。
TikTok(Douyin)との比較で、大都市か地方かというのは気になる。その背景や、年齢層の違いなどもあるのだろうか?
ショート動画とライブコマースがいかに中国で一般化しているか、その現場を切り取ったショートドキュメンタリーも公開しています。
記事でマクロを把握して、動画でミクロを目撃してほしい。

⬇️⬇️⬇️
【一攫千金】16兆円を生む「爆売ライバー」の村に潜入してきた
https://newspicks.com/live-movie/1072/

相変わらず、中国市場のダイナミズムに圧倒されますが、ショート動画とライブコマースは日本ではまだ開拓余地があるということかな。
企業も人もここぞってときの勝負(お金だけじゃなく)のかけ方が本当にすごい。
日本市場にもなにかヒントがあるような気がする。学びの多い記事。
これから変わってくると思いますが、日系ブランドにとって抖音、快手はまだまだ使い勝手は悪いかなと思います。

日本のTikTokと同様、配信動画、広告のPV、クリックは鬼のように稼げますが、

・抖音は、超BIGなKOLでもフォロワー数の割にライブの同接数が少なく、コンバージョンもタオバオライブコマースと比べると悪いことが多い。
・快手は、地方エリアに強いので低単価商品がコンバージョンしやすく、日系ブランドの価格帯だとコンバージョンしにくい。

といった感じがあるので、中国でも認知度の高い大手日系ブランド以外はまだまだ活用の仕方を模索しないといけないですね。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。