新着Pick
551Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面白い。すごい言語化されている。たしかにJと5大リーグの試合は縦へのスピード感、意識は圧倒的に違いますね。
限られた時間の中でゴールを取る競技だから、一回でもおおく縦に早くいける方が理にかなってそうですが、日本なりのらしさを追求していくことで柔よく剛を制すみたいな形で、欧州スタイルに勝てるようになれるのかみたいな検証は面白そう。
人気 Picker
経験した者にしか語れない言葉たち。貴重です。
ただ、では未来をどうすれば良いのか、と考えると、私は悲観的にばかり考える必要もないと思っています。「ヨーロッパ」「世界」といっても意外に多種多様で、私たちにも私たちなりの”自分らしさ”があります。それをどう打ち出し、どう”世界”に適応させていくのか。結局、答えのない命題に仮説と検証を繰り返すだけですね。
うん、また頑張ろう。経験者の言葉たちはいつもそう思わせてくれます。
高徳さんに話を聞きました。以前に話を聞いたのは神戸に復帰する直前。その頃から、日本サッカーと世界のサッカーについては何度も話を聞かせていただいていましたが、変わらない熱い言葉は、そのまま日本サッカーへの想いだと思っています。
現場で感じる違いを「差」として捉えるだけでなく、方向性、全体論として見られるか。是非、読んでみてください。
さすが名門クラブで主将を務めた酒井高徳選手、Jリーグの問題(言い換えれば「のびしろ」)をものすごく突いていると感じました。これを解決するには「無難な戦術」に逃げない勇気ある監督、さらにそういう監督を抜擢するフロントが不可欠。日本代表がそのロールモデルになれたらいいんですが、日本代表のサッカーも「無難」になりつつある。日本サッカーは監督とスポーツディレクターの育成・発掘・起用を改革すべきとき、と記事を読んであらためて感じました。
この世界との違いに関しては、『河内一馬が提唱する異色の戦術論。「戦術×意思」の新フレームワーク』( https://www.footballista.jp/feature/81673 )を読むと理解が深まります。

ゆっくり相手ゴールに向かう「ボゼッションフェイズ」
はやく相手ゴールに向かう「ダイレクトフェイズ」
ゆっくり相手ボールに向かう「ブロックフェイズ」
はやく相手ボールに向かう「プレッシングフェイズ」

海外は、はやく相手ゴールに向かう「ダイレクトフェイズ」と、相手ボールに向かう「プレッシングフェイズ」が主体。
日本は逆が多い。
何年か前、ベンゲルとハリルホジッチのこんな対談があった。

ベンゲル「ずる賢さとは、ルールを極限まで自分の有利に解釈すること。日本人の正直さは好きだけど、サッカーにおいては、ずる賢さは知性の表現様式。ときに相手の弱さを利用することもある」
ハリルホジッチが「ずる賢さは教えられないので、日本代表は5年間直接FKからのゴールが取れてない」

この対談並みに、サッカーを題材にした日欧比較文化で納得感ある酒井高徳のコメント。
いろいろ考えさせられる記事なんですが、違和感も覚える。僕は高徳のドイツでしていたサッカーを観たくてJに戻ってきたときから注目してたんだけど、記事にあるように途中から馴染んだんで、記憶に残らなくなったなと。チームや監督のスタイルで選手に求めらる機能は変わるので仕方ないですが、ゴリゴリ行ってほしいなと。
もやもやと感じていた「欧州サッカーと日本サッカーの差」が見事に言語化されています。
面白い。チーム全員が酒井選手のいうようなレベルでプレーすればJリーグでは頭一つ抜け出せるということか。
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。