新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
カーナビと携帯のアプリの連携が進んでいく中で、アップルカーがソフト面でどこまで差別化を出来るかが楽しみにしてます。
人気 Picker
韓国メディアによるスクープ。当初、噂に出た現代自動車ではなく、傘下の起亜と組む可能性が高い見通しが流れ続けており、同社は年初以来20%近く株価が高騰してきた。
米国ジョージア工場で2024年にも10万台(将来的に40万台)から生産を開始という憶測報道であるが、更に情報が具体化しており信憑性が高まってきている印象だ。17日までは少し時間があり、これから打ち返しの報道合戦が始まるだろう。
EV(電気自動車)xAV(自動運転車)として最終的に完全なIoT端末としての移動体をアップルは目指すことになる。ただし、その完成形は2030年代の話となるであろうから、初代は起亜の車台をベースとするL2+となるのだろう。36億ドルも出資するわけであるから、起亜の技術を用いることは間違いないだろう。今後、伝統的自動車OEMとIT企業の連携が強い流れになってくる公算が高い。すなわち、連携しなければ目指すCASE革命は成立できない。
アップルが今まで作ってきたパソコン、電話、イヤホン、タブレットなどの情報系製品と比べて著しくメカニカルなコンポーネントの多い製品だけに、とても大きな挑戦。車会社じゃない会社のブランドが車で成功したケースはないですよね。Willとか、あったけど。単純にリンゴマークの車が走るということではないのかもしれない。
日本ではKIAは全く走ってないけれど、アメリカのレンタカーだとトヨタとおんなじくらいよく見るメーカーですね。
これからの自動車は「ソフト」と「ハード」が両輪になります。

パソコンを想像すればわかるように、ハードは最低限の性能を備えていれば問題はありません。

このように考えると、今までハード面で優位に立っていた日本やドイツの自動車メーカーは厳しくなるような気がします。

遅れを取らないように、トヨタは独自で「街づくり」をするようですが…。
アップル、EVで起亜と提携 36億ドル投資へ。Apple Car本気だったのか〜 日本メーカーが選ばれなかったのは寂しいな。テスラがヤバかった時に買収してれば良かったのにw
Hyundaiではなく傘下のKia、になるのか。とはいえ、物量としてはまだかなり少ない。
『報道によると、アップルは2024年までに年間10万台を同工場で生産し、その後、年間生産能力を40万台に増やすことを目指している。』
毒リンゴを食べたのは起亜でした。OEMやJVというのは本当に難しい。株価は上がっていますが、果たして歓迎できる内容なのかは分かりません
現代自にしろ、起亜にしろ、一番の課題は「電池」でしょうね。

現時点では、信頼性があるEV用電池を大量に製造できるのはTeslaとCATLの2社に限定されています。

SamsungやLGの電池は、発火などの問題を内包しているので、ブランドイメージを重視するAppleにとってのアキレス腱になる可能性もあります。

現代自ではなく、起亜にしたことは、戦略的には正解だと思います。サブブランドなので、それほど現代自のイメージも強くなく、Appleと連携することで、起亜のブランドイメージをAppleよりに変えられる可能性があります。

それにしても、どんな形で「クルマの再定義」をしてくるのか…とても楽しみですね!

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Apple Carの名で、KIA開発中の新型EVを出す
いいですね。

リークしちゃって大丈夫かな?
話が流れない事を祈ります。
KIAですか。欧州駐在時にスペイン、東欧でよく見かけました。
企業価値が間違いなく上がりそうですが、動力源である電池で使われている材料においての優位性はまだ日本にあると信じています。材料の革新でも日本が世界に誇る自動車産業の一助になればと思いますし、自動車の概念は変われど日本の自動車でないとそれに続くビジネスは成り立たないという方程式は引き続き継承してほしいです。Appleのクルマは非常に気になっちゃいますがね。
で、現代は新型EV「IONIQ 5」(アイオニック)を2月に初公開するのも気になる。

以前、現代がパートナーとして報じられていましたが、こちらの記事には「協議の具体的な内容はほとんど明らかになっていない。しかし消息筋によると、検討されている選択肢には、現代ないしグループ傘下の起亜がアップル設計車を製造し、アップルのブランドで売ることが含まれている」とありました
韓国の現代自、アップルとの自動車生産提携は吉か凶か(Reuters、2月02日)
https://newspicks.com/news/5584723/
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績