新着Pick
2624Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
著書を紹介して頂きました。あくまで個人としての書籍ですが、昨年11月発売(書き始めは去年春ぐらい)から息が長く続いています。細かいニュアンスはまとめでは伝わっていないところもありますので、本の方をご確認頂ければと思います

お伝えしたいのは、新型コロナ禍の中でもテック企業は日本の大企業よりも開発を猛スピードで進めているということです。携帯電話のOSなど新しいスタンダードを寡占されることの次が既に起ころうとしています。

シリコンバレーへの出張が難しい時期だからこそ、知識のギャップが生まれているため、その補完の意図があります。出張費用に比べれば安いので、是非海外のトップスクールの技術経営系のオンライン授業を受けてみてください。

5年後のシナリオは、新型コロナの変異株が続くなど、やや極端なシナリオに基づいていますが、起こらない前提よりも「起こった時にどうするか」というリスク管理の視点です。
複数事業で集積したデータをつないで新たな付加価値をだしていくことを「新型コングロマリット」と呼ぶのは斬新ですね。普段は物腰柔らかい山本さんの切れ味ある記事をいつも楽しみにしています。新著読まないと!

”一方、新時代のコングロマリットは、多種多様な業種を手がけながらも、それらが「データ」という共通項で密接につながっているのが特徴だ。1つの事業で得たデータや知見を別の新しい事業に生かし、シナジーを生んでいるのである。”
データの集積が、より優位性を高め、それを原資に再投資・買収を進めてさらに優位性を高めるサイクル。
一方で企業規模、データ、社会への影響力が大きくなりすぎている。だからこそ、一番根底のデータに関する規制動向がどうなるかがキー。また新しい技術・プラットフォームで、データの蓄積が一気に始まり、累積データでは優っていても、フレッシュなデータで負け始めるとサイクルが逆回転する構造ともいえる。
そうなっていないからこれまで成長してきたし、だから強い。でもリスクの構造論として頭に入れておきたい。
「ザ・プロフェット」を今週からリニューアル。NewsPicks編集部の視点で「本の読みどころ」を紹介する前編と、著者に執筆秘話について聞く後編という2本仕立てで掲載してきます。初回は山本康正さんの『2025年を制覇する破壊的企業』。5年後の世界でどの企業が「主役」になるのかがひと目で理解できると思います。
アマゾンはアンディ・ジャシー氏が新CEOになります。彼の舵取りで5年後はもっとグローバルに飛躍するかもしれません。
5年は予測は難しい。むしろ彼らに共通の試しては変えていくスピードが脅威なんだと思う「顧客とブランド以外の要素はアウトソーシングできる時代だ。むしろ、規模や資本という足枷のないベンチャーのほうがピボットが柔軟に行えるぶん、有利だとも言える」
共感できる部分と、そうでない部分があるので、それをまとめるためにピック。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。