新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ禍でサービスが伸びている「クラウド郵便」のN-Technologiesの白鬚さんに話をお聞きして記事を掲載しました。

日本の総務部の完全リモートワーク率は、わずか1.6%と言うんですね。どうしても出社が必要な場面があります。最大のネックは郵便物対応。これを解決するのがクラウド郵便の「atena」です。

いちばん多い郵便物は請求書で、実は請求書をスキャンして、自動で読み込み、それを記帳、振り込みデータとして作成する処理にも対応しています。
人気 Picker
これまさに「コロナ禍のお困りごと」を解決する素敵サービス。郵便物のデータ化もお願いできるって言うのもキモだと思うんですが、自宅あての郵便物をやってもらえたら全部データ化できてすごく助かるだろうなぁ…
以前属していた会社でレンタルオフィスを契約していた際に、フィジカル(電話・メール)でやり取りをしていましたが、そういったサービスをより痒いところへ手が届くようにした感覚です。

法人登記所在地になかなか往訪することができない環境下で、ある一定数の需要が見込めそうですね。