新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
10月〜12月はW11もあり、中国消費全体も前年比5%を超える成長で消費回復の象徴とも言えるでしょう。しかしながら、ブランドの商戦疲弊、抖音や快手などのソーシャルコマースの追従、アントを含めた独占禁止の流れなど、ネガティブな要素も多々あり、アリババ王国がどこまで成長継続できるか注目です。
人気 Picker
amazonもアリババも、ですね。
一方で、年末に寄稿しましたが、ステイホームで活力自体が低下していかないかは注視が必要。早く自由になる環境を祈りつつ、おそらくイエナカとイエソトの連携は加速していくはず。
そして自己の内発的な動機による自分表現へ。clubhouseのムーブメントにも通じるものを感じます。

https://newspicks.com/news/5499526/
政府からのプレッシャーを横目に、Amazonと同様に超好決算。

アリババ、20年10~12月期決算は、売上高が前年同期比37%増の2210億元(約3兆6千億円)となり、四半期として過去最高となった。クラウド・コンピューティング 161.2億人民元、前年比+50%。純利益1兆2800億円もあるのか… 凄いな
2020年通してみても、コロナで隔離措置真っ只中の物流も止まった1月〜2月は流石に落ちましたが、その後は巣篭もり消費、リベンジ消費の恩恵も受けて好調でしたね。
今までシェア取りすぎてたくらいなので、2位以下の競合に多少追い上げられると思いますが、EC、決済、金融をおさえてるアリババの強さは強固だと思います。
懸念があるとすれば、政府との関係、モール離れの加速、といったところでしょうか。
巣ごもり需要によるネット業界の売り上げ拡大は世界中で起こってますね。Afterコロナはみんな外に出て買うようになるのか、これまでネットを使わなかった層がネットに浸透して引き続きネット需要が続くのか…
アリババグループの2020年10~12月期決算ですが、四半期として過去最高となったそうです。
より中国共産党からの圧力がかかりそうで心配。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績