新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日もNPでコメントさせて頂いた信越化学と、小さい頃から工場を覗きに行った、地元山梨のファナックがランクインしていて嬉しいです。がんばれ、日本の骨太企業!
https://newspicks.com/news/5567986?ref=user_5366684
Kenjiさんのコメントに重ねると、トヨタは年間だと金融事業を分けた財務諸表を開示している(四半期でも一定はできると思うが…)。
ざっくり9兆円のネットキャッシュとなる(下記参照)。なお、Appleは約850億ドル、Alphabetは約1200億ドルのネットキャッシュ(簡易計算で細かくは見ていないが)。Appleは最近は負債調達しながら株主還元していて、またどこで稼いでどこでお金を置いておくかなど税制も論点になってくる。数年前にレパトリ減税があり、そこで株主還元が加速した記憶。

【資産】
現預金及び同等物2.8兆円
有価証券0.6兆円
投資及びその他の資産:12.4兆円
※金融事業の同科目は0.9兆円、そして連結での内訳をみると有価証券が約7.4兆円、それ以外は関連会社への投資など
→実質的な金融資産は7.4兆円でほとんど非金融事業に計上されていると仮定

【負債】
短期借入・1年以内返済借入:0.6兆円
長期借入:0.8兆円
上場企業の場合は、ネットキャッシュが多い会社が良いとは限らないですけどね。
無駄に資金を眠らせている、事業投資していない、株主資本を効率的に活用出来ていない、株主還元に消極的などなど。
資金を眠らせるなら、新規事業投資するか、株主還元するか、MBOなどをして上場廃止する方がいい場合もありますね。
毎年、このお金持ちランキングは記事にピックされています。
Kenjiさんが説明されている通り、金融事業を分離したトヨタを入れ込み、一安心するのが恒例です。

そして、皆さんがコメントされている通り、任天堂のキャッシュリッチは事業リスクの高さの裏腹です。
となると、アメリカ企業とタメはりを張りながらの信越化学のキャッシュリッチが抜きん出ていると思います。
任天堂、ローム、オムロン。京都の製造業に存在感。キャッシュ吐き出して事業投資、配当還元といった米国のビジネススクールや東京のコンサルが説くようなこと、数百年単位で経営を考える京都企業には関係あらへん、と言っているようでおもしろい。
net cashは基本的には①必要な投資が出来ていない②株主還元が足りていない、と見ます
ランキングは、下記の内容で構成されています。
「調査は1月12日時点で開示されていた昨年4月期決算以降の最新中間決算について2471社を対象に実施。NetCash(現預金から短・長期借入金、社債、1年以内返済の長期借入金、1年以内償還の社債、割引手形を引いたもの)を比較。」
コロナの影響が大きく反省されています。そして、これからもこの傾向は続きそうな気がします。
キャッシュ持ちすぎ企業!
任天堂さんがもしキャッシュの半分5000億を使い
更に超低金利長期ファイナンスも活用して、
1兆円分不動産を購入したら外資に持ってかれることなく
都心のど真ん中の立地も取れるんだろうなー
電通ビルもエイベックスもTSIのも三陽商会のも全部買えばいいのにーと勝手に思いますw
不動産賃貸業で、年間350億から400億程度の売上経ちながら
返済進んで純資産が増え続ける。
結果的に更にキャッシュリッチになってまた不動産。
これ繰り返したら不動産がもう一つのIPビジネスとか言えるようになるのになー
神田スクエアビルも確か賃貸でしたよね?
キャッシュ余りが本当にもったいなくて
勝手に呟いてしまいました。
日本企業は沢山の資金を持ってますが、何に使うのかをもっと考えないと、コロナ禍はもちろん、コロナ後も競争力の源泉にならない。昔から言われていることですが、改めてそう思います。
私が『Investors』の番組で取り上げた任天堂が第一位でキーエンスが第四位!
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.79 兆円

業績

株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称: OLC)は、千葉県浦安市に本社を置く持株会社。アメリカ合衆国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する各企業を統括している。 ウィキペディア
時価総額
5.60 兆円

業績

リスクモンスター株式会社(Riskmonster.com)は、与信管理支援ASP・クラウドサービスを主に、与信管理に関連するコンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業を展開する企業。JASDAQに上場、証券コードは3768。 ウィキペディア
時価総額
67.5 億円

業績