新着Pick
598Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この分野は日本がリードできる可能性が非常に高いと思いますし、マネタイズモデルも広告、投げ銭、そして物販とバランス良く構築でき始めてるのではないでしょうか。
ちなみに学生時代にカバーの谷郷社長の下でインターンしてたのですがビジネス構築能力はピカイチでエンタメ好きな熱量高い経営者です!これからがますます楽しみです。
人気 Picker
今VTuber業界はにじさんじ、ホロライブの2つのプロダクションに集約されるといっても過言ではないと思います。この要因は2DのVTuberである、ということが大きいと考えています。

3Dには大きな設備投資や制作コスト非常にかかるためタイアップが取れないと赤字になる、という収益構造があり、継続的な活動の難易度が高いですが、2D VTuberであれば基本自律自走型。個人主体で配信を任せられるので制作コストはほぼ0と言っても良い。しかもキャラクターの権利は企業側にあるので利益率が高いと推測。

一方で事業上、炎上とはきっても切り離せない構造にあり、YouTuberよりもそれが顕著であることからリスクはないとは言えないのがこのVTuberビジネスです。

とはいえ、日本発グローバルで勝負できる数少ないビジネスなので是非がんばってもらいたいです!
世界市場へアクセスできる意義はとてつもなく大きい。単なる1人1人のVTuberとしてではなく、エコシステムとして世界に売り込んで欲しい。コロナ禍で暗い世の中を明るくする存在になれるか。
海外をメインに進出しているからあまり知られていないがVtuberかなりアツい!

世界のトップ10を日本企業がほぼ独占していて、これからも伸びていきそう。

記事内にリスクがあったがスキャンダルのようなこともないし、場所も問わない。
とても楽しみです!
投げ銭市場がここまで活発になっているとは思いませんでした。vTuberだけでなく、エンタメ系やショッピング系でも投げ銭導入が進んでいます。

サッカーチームの応援にはPringのギフティングが有名。コロナ禍で苦しんでいる業界を投げ銭で救うことができます。
ようやく出てきたVtuber特集!アイコンだったキズナアイ擁するactiv8が2年で最大手からドロップする激変業界ゆえの難しさあるが、eSportsよりコレこそが参入障壁もあるグローバルプロダクトになる予感しかない。
内容より、インフォグラフィック形式て書かれた記事が縦読みのマンガになっていることが面白いね。

もういっそインフォグラフィックとか欧米の権威を借りるのをやめて、縦読みマンガで記事を書いたらどうかな?😄

あとキャラの見た目がひどいね😂
キズナアイさんは早くもclubhouseにも現れましたね。

所属会社の代表の方から招待を受けていたのと、普通に有名人の方々をフォローしていたのが面白かったです笑

投げ銭が実装された場合、clubhouseでもvtuberは輝くのでしょうか。
業界の動きが早すぎてついていけませんが、YouTubeも芸能人やVTuberの参入で面白くなりそう。
いつも感じるのは、収益の分配。誰が、どれだけとっているのか?

本当の価値を創造している人たちに、相応の対価が支払われているのか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート