新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
共働き論はおしまいにしてほしいです。

男女関係なく、個人として働くのは当たり前。

税金も児童手当も、公平に個人に支払われるべきで、

夫婦や世帯で考えるべきではないと思います。

いわゆる主婦または主夫の選択はありで、

パートナーで話し合って支援し合って子育てや介護をする選択は自由。

これはライフスタイルの問題。

あくまで税や児童手当、年金を世帯や夫婦と切り離すべきです。
人気 Picker
共働き世帯への課税を増やすべきとの発想、まったく賛同できません。共働き世帯で半分ずつ稼ぐ方が所得税が安くなるのは事実ですが、それ以前に(働く能力があるのに)働いていない人に配偶者控除を適用している時点で、非合理的です。夫の所得別に妻の就業率を見ると、完全に反比例する(=裕福な世帯ほど専業主婦が多い)ので、配偶者控除には極端な逆進性があります。少子高齢社会で働く人を増やす政策が必要なときに、まず行われるべきは配偶者控除の撤廃です。
マイナンバーで管理を行う上で、世帯収入で見ていくことができるようになっていくと思います。税制のところで、企業側の負担もあるので、最終的には年末調整で帳尻を合わせるしかないと思いますが、基盤が整えばすすめることが考えられるtところだと思います。
マクロ的にどうしたいかが無い
共働きの方が得らしいので専業主婦をやめて働いた方が良い

配偶者控除は共働きの障害になっているので廃止した方が良い