新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナと戦っている病院の現場からはまだ楽になってきたという声は聞こえてこないのですがいかがでしょうか?クラスター対策がキャパ超えになって濃厚接触者を追えなくなって陽性者を捕まえられていないから発表数が減っているとも聞きます。実際のところはどうなのでしょう。
人気 Picker
東京都の感染者が400人を下回るのは、去年12月21日(392人)以来、約1ヶ月半ぶりです。これで、都の感染者は累計10万人を超えました。重症者133人は依然高く、また高齢者施設を中心に感染が続いています。

介護の現場で感染者が出た場合、特に「認知症」の方は、入院調整が難航する現場もあるようです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4185210.html
陽性者数が減少傾向であることに加え、検査陽性率が1月初旬の14%台から7%台まで下がっていることから潜在的な感染者も含めて減少傾向であることがわかります。

一方で入院患者数や重症者数なかなか下がらず高水準で推移していて、医療機関への負荷は続いています。これは感染してから重症化するまでタイムラグがあることや、高齢者が感染を契機に「寝たきり」の状況になってしまい、自宅へ帰るのが困難になっている、といった事情が影響していると思われます。

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
ホテル隔離時にアビガンなどの薬を投与して、重症化を抑え、結果として医療崩壊を防ごうとしないのか?海外にできて、なぜ日本はできないのか?

ホテル隔離中に重症化した後に入院しているようでは、患者からすると手遅れで、医療現場からすると重症患者がどんどん増える構造になっている。

緊急事態宣言で国民の私権を制限しているにもかかわらず、薬の投与も議論できていない。厚労省、医師会はもっと真剣に議論すべきでは。
最近、継続してコメントしていますので、引き続き高齢者の感染者比率を見るために、LINEの速報を貼り付けます。
高齢者比率は約25%です。

高齢者は、若い人や勤労者が外から持ち込むウイルスに感染する最終感染者だから、減少するのが最後になるという説明を聞きましたが、本当かな…

あと、在宅療養者は相変わらず減っていません。

以下速報

現在の重症者(速報値)は133人、
本日の患者の発生状況(速報値)は393人、うち65歳以上の高齢者は107人、
検査実施件数は6,400件(目安となる3日前の件数)です。
日本は海外諸国と比較すると、どこよりもルールを順守し、集団利益を重要視し、自覚性が高いと思います。マスク着用やロックダウンの反対デモもなく、政府方針に従う方がほとんどです。

基本要請のみ、私権の制限はなく、他国より相当緩い感染対策ですが、国民性から効果が現れてきたのですかね。
感染力の高い変異種が流行っている可能性もあるので、身を引き締めって感染対策をしっかりしましょう。
検査数が6400人と半減しているので、新規感染者が400人を下回ったといっても、検査数が従来レベルなら、やはり感染者は800人を越える。
感染数が下がるのは良いことですね。

一方で秋葉原ではPS5求めてこんな事態も。。。
https://twitter.com/reutersjapan/status/1356271092436971523?s=21

400名と言えば、2020年のオリンピック前後にはまだ到達していなかった数。
この数値が「抑制されつつある」と言われるほど、皆が慣れつつあり、かつ基準もどんどん緩くなってます。これではなかなか収まらないのは無理ないかもしれない、と思ってしまいました。
朗報ですが、2月いっぱいは緊急事態宣言も解除すべきではないと思います。単純に冬はウィルスが蔓延するからです。

10月から飲食店が閉まり、外出禁止令が18時〜6時になって2週間経つフランスでは感染者数が一向に減少せず(増加もしていないですが)、1日当たりの感染者数は2万人前後を推移しています。英国変異種の勢いが思った程強くなかったのかも知れません。

いずれにせよワクチンを接種するまでは日本の皆様もお気を付け下さい。
日本人は強制ではなく、
要請とかでちゃんと従って、現に結果が出る。
素晴らしいと思う。