新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界的に、ワクチンの「取り合い」というような図式で報道をされるようにもなりましたが、今後はファイザー、モデルナ、アストラゼネカといった既存のワクチンだけでなく、ジョンソン&ジョンソンやノババックスといった新たなプレイヤーが追加になる公算が高く、それだけより生産力も上がってくることが期待できます。

逆に、現場レベルでは、今後種類が増えてくることで、2回目の接種でも同企業のワクチンを受けられるようなフローを確立しておかないと、混乱が起きやすくなるというデメリットも想定しておかなければいけないでしょう。
世界的に見れば、ワクチンを打ちたい人が非常に多く、供給量の確保のためにあの手この手を使っている状況です。

日本は早い段階で供給量を確保する契約を進めており、アストラゼネカのワクチンに関しては、国内での生産体制の構築を進めております。

接種体制や搬送体制については鋭意準備が進められており、後はワクチンの正しい知識の普及が求められます。
2回打つから2000万人分ってことね

業績