新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
カウンセリング、コーチングの中で取り入れることの多いレジリエンス。
セルフケアの観点でも重要な捉え方となります。

レジリエンス(回復)力は誰でも向上は可能です。
そのために「自分は回復力が無い」とあきらめるのでは無く、
自己理解をしつつ、こちらの記事にあるような5つの方法を実践してみることから始めてみましょう。

特に真面目な日本人は3つ目の完璧主義な一面や、5つ目の自分で制御できないことに手を付けてしまう傾向が強いように思います。
人気 Picker
レジリエンス、一見地味ですがとても大切な要素です。目標達成している人は、必ずレジリエンス力が高いですよね。途中までうまくいっているのに、最後まで続かないケース、とても勿体ないと感じます。

特に「失敗に対する恐れ」を感じる方が多いと思います。うまくいっている時は案外学びは少なく、失敗した時こそ新しい学びや成長があるということに気づけば、「失敗することで、成長の機会をいただいている。なんてラッキー」とポジティブ転換できるかと。

ピンチはチャンスですね。
変化の激しい環境の中で、VUCAの時代と言われ明確な正解がない曖昧で複雑な時代において、どのように最適な状態でいられるかは、柔軟性高くそしてレジリエンスを高めることが重要です。
レジリエンスを向上するには、環境や状況は変化が起きることが前提の上でどのように早くに回復させるかということになります。
多様性ある視点で物事を見ることで、様々な変化に対応できる見方や解決方法を引き出しに持つことができます。
トライアンドエラーでチャレンジし続け、その失敗を反省して気にするよりもそこから何を学び改善できるかを考えていくことが次に進む学びとなります。変革していくにはコンフォートゾーンから抜け出しチャレンジする分だけ失敗も起きるわけですが、そこから学びまた次に活かしレジリエンスを向上させていきたいですね。
死ぬこと以外はかすり傷と考え、調子に乗ってキスを迫らない
「レジリエンス」という言葉は、ここ5〜6年で特に聞くようになったと思います。「折れない心」と言われていますが、この力を備えるのはそうそう簡単ではないと感じます。
ただ、今のように何が正解か、どうなるのか?わからない時代にはこの力は必要だと思います。
まずは、自分でコントロールできないことは「悩む必要がない」と言う考えの切り分けをしていくのが良いと感じます。
人類史上最も感化の激しい時代に生きる僕たち。いちいちその変化におろおろしたり、悩んだり、心を痛めたり、打ちのめされたりしたら、体がいくつあっても足りない。

そう、「自分で制御できないことを心配しない」のが一番。どうしようもないことに神経質になる必要はない。できることをやるだけ。そして、ホラーストーリーを想像してプランBやCを考えておき、ともかく俊敏に行動すること。

それでいい。

どうにかなる。

そう、自己効力を上げる努力をしよう。
3の柔軟性を持つがもっとも大事で、意外と実践が難しいことなのではないかと思います。
「あなたが立てた計画は現在の状況に厳密には合わないものかもしれないが、それでも問題はない。」
自分の計画通りに進まないのがコロナなど外的要因によるものだとしても、有限国交できなかった自分が悪いと感じてしまうなど、陥りやすいポイントがいくつかあるように思います。
今の自分を受け入れるということなのかな。
レジリエンスは「困難や辛いことに対して、適応をしていく力」です。
イメージは「しなやかさ」ですね。
困難に対して堅くなに対峙するのではなく、困難に一度流されても再度立ち上がれる向き合い方が重要となります。気楽にいきましょうという感じですね。
全て至るところで見聞きしますし、重要事項だと思います。無意識で対応できるよう習慣に落とし込みたい。
この困難な状況において、レジリエンスは確かに大事です。
自分で制御できないことを心配しない
これ大事だと思いました。自分にフォーカスするのがプライオリティ高いと思います。
5つの方法とは以下だということです…わかりますが、これを実現することが難しいですよね。

どうやれば、この5つを実現できるのか?そのヒントがあれば、もっと良い記事になったと思います。

(以下、記事中から引用)
1. 計画を持つ
2. あらゆるものに多様性を持つ
3. 柔軟性を持つ
4. 失敗ではなく成長の機会を見出す
5. 自分で制御できないことを心配しない

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません