新着Pick
363Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金言です。組織やプロダクトを創る時も大切にしたい考え方。

以下、抜粋
ロブションさんの口癖を知りました。「キミはこの料理をキミの大切な人に食べさせられるか?」というものです。非常に厳しく、最高に優しい言葉だと思います。
私も、初めて獺祭を飲んだ時は驚きました。

上質なワインのような香りと味わいに、今まで持っていた日本酒に対する先入観が吹っ飛びました。

今では、他の銘柄も楽しんでいます。
精米による今のアプローチに達したのは80年前。
ワイン他に比べると、ある意味若さもあるのですね。
3000回の試行、数値化。
日本酒は、獺祭をリーダーにまだまだ変化、成長していく分野ですね。
獺祭。
あまり、アルコールを嗜まないうちでも、繰り返しお世話になっています。
獺祭のPR記事なんだから、そんなにみんないじめなくても。

大吟醸日本酒を世に広めた功績は素晴らしいと思いますよ。
【経営】申し訳ないけど獺祭がそこまで美味しい日本酒だとは思ったことがない…。飲んだ時の料理が合っていなかったという可能性ももちろんあるとは思うけれど、何度飲んでも、なぜそこまで評価されるのか謎。ブランドだけが一人歩きしてしまっている感が否めない。

自分の貧弱な日本酒経験の中で、心の底から美味しいと思った日本酒は長野の今井酒店の「若緑」。戸隠そばとのマリアージュが最高。「若緑」の中でも純米吟醸の「五岳」は最も心躍る逸品。2002年に初めて飲んでから、この酒を上回る日本酒に私はまだ出会っていない。
「伝統を紡ぐために変化を受け入れる」という言葉は、日本酒の世界だけではなく、あらゆる世界に通用する言葉だと思います。いい言葉に出会えました。獺祭、飲んでみたいです。
獺祭の製法はテレビなどでも取り上げられるくらい知っている人は知っている程度には有名ですね。
数年前の父の日に父に送ったら珍しく興奮していたのを今でも思い出します。