新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大手ホテルよりも「個のネットワーク」のエアビーが主流になるように、電力において大手電力会社から一方的に購入したり固定買取されるのでなく、「個のネットワーク(P2P)」で需要と供給の取引をすることはブロックチェーンを使うことによって可能と言われています。

またそれは脱炭素を目指す上でも、個人や中小企業の作る太陽光発電の集合が大手企業にクリーンな電力を売るという需要は高まると思います。

このプラットフォームは全体効率を上げると同時に適正価格を得られやすく、また電力不足の時に節電をお願いせずとも、ビジネスになれば勝手に節電して供給し合う状態にもなると思います。

そう言ったプラットフォームを例えばパナソニックが築くことができれば、それは中国と太陽電池の価格競争をするよりも大きなマーケットである可能性がありそうです。
同じことを繰り返しているというコメントに全く賛成。そして、これは最近のことだけではなく、結構昔、「日本の半導体はなぜ負けたのか」という会合に出させていただいた時も「シリコンサイクルがあることをわかっていながら、中韓に投資で負ける」という話を富士通やパナの方がおっしゃっていたことを思い出します。

ただ、撤退するのなら早いに越したことはない。これは間違いない。
テスラとの太陽電池生産の共同生産解消。そして太陽電池生産からの完全撤退。理由は中国企業にコストで勝てないから。なんか同じことを繰り返し続けてるな… 自然エネルギーとバッテリーはまだまだ伸び代大きいのに
中国メーカーが入ってくると産業はこうなってしまう。ドイツのQセルも低照度に強い太陽光電池として、一時は大変高いシェアをもっていたが中国メーカーとの競争に敗れ破産してしまった。中国メーカーが入ってきて量産を強化したら、もうその市場から出ていくしかない。付加価値がでる太陽光発電パネルなどや電池を組み合わせ分散電源システムの構築をするなど、パナソニックには付加価値領域をせめてほしい。22年4月には持株会社化することを発表しており、傘下の各社には事業単独での収益性、ビジネスモデルの優位性が求められる。シリコンサイクルで、もはや勝てなくなった太陽光電池はきっぱり決断し、分散電源など付加価値の高い領域で勝ち組になってほしい。
サンヨーの技術はみんな出しちゃいましたね。
残るは冷熱位か。

もったいない。
太陽光をエネルギーに変える研究だけは続けてほしいです。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.43 兆円

業績