新着Pick
1498Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「出世に戦略は不要」と言い切るレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長。本特集では、給料アップにまつわるシビアな現実を連日紹介してきましたが、そんな中に明るい希望を与えてくれるようなインタビューです。

とりわけ、最後のメッセージが心にしみるので、ぜひ全編通して読んでいただければ幸いです。デビット社長は驚くほどざっくばらんなお人柄で、すっかりファンになってしまいました!
人気 Picker
国際協力関係、営業、そして経営と、しなやかにキャリアを拡大してきたレノボ・ジャパンのDavid社長のキャリア論、報酬論は学びの宝庫でした。

・ジョブディスクリプション(職務範囲)は無視して、枠をこえよ
・bandwidth (処理できる幅)を広げる
・仕事以外のプロジェクトを持とう
・Don't chase the money!

などなど。
率直で、飾りっ気のないお人柄も印象的でした。
「人生、何がどう生きるかわからないので、ぜひ仕事以外の引き出しも持っておくべきだと思います。」

共感します。引き出しがたくさんあれば、人生も楽しく豊かになりますし、思いがけずそれが仕事に役立つこともあります。

私自身、若い頃に趣味でやっていたウェブ制作が今の仕事に繋がっていますし、ワインエキスパートの資格を取ったり、空手を続けているおかげで、仕事の上でのネットワークも広がりました。

いくつになっても、躊躇わずに興味のあることをやってみて、自分の引き出しの数を増やすと良いと思います。
どの分野に取り組めば、コンサルとして生きていけるか、とよく質問されます。
自分が興味を持てる分野があれば、今その分野が儲かっていないとしても、これからすぐには儲かりそうになくても、取り組むべきだと思っています。

次にどんな時代が来るか、どんなテクノロジーが生まれるか、どんなリスクがあるのか、予測が難しい時代です。
流行りも数年おきに変わります。流行りに流され、翻弄されないためには、自分の中に一本軸を持ち、気持ちに従って取り組むべきだと思っています。

だからこそ、自分がやりたいこと、面白いと思うことに本業を超えて取り組むのがいいと思っています。
好きなことに一生懸命取り組んでいれば、結果は後からついてくると思います。
〉自分のやりたいことを一生懸命やっていれば、自然とお金はついてく
個人的にとても好きな考え方でした!非常に共感します。

良い意味でガツガツしすぎず、でも確実に降ってきたチャンスはモノにする。そして、待っているだけではなく、自らチャレンジを求め、強みを武器に仕事の幅を広げていく。

こういうバランス感覚を持っている方ほど、自然体でしなやかに人生を送っているような印象を持っています。
一緒に仕事してる立場として感じたこと、Davidがここに書いてあること本当にその通りやってます。
おかげさまかで会社がいい意味で自分の範囲を決めないカルチャーにもなっています。
『チャンスがいつ来るかまではコントロールできないけれど、コントロールできるところはきっちりやる。その積み重ねでやってきました。』

諦観と達観のバランスが絶妙。日本的なところがある一方で、とても合理的なところもあり、このバランスも絶妙。無理し過ぎず、でもチャレンジしていくバランスも絶妙。

給料ってスノーボールのようにある程度のところまで行くと勝手に大きくなっていくものなんだけど、スノーボールを大きくするテクニックよりも、スノーボールを大きくするための心構えにこそ、その本質がある。それを伝えようとしてると感じました。
すっばらしいインタビュー!
典型的なキャリアドリフトを地で行くタイプの方なんですね。

自己分析で「ジョブディスクリプションは無視するタイプ」とのこと。そそ。ユニークなポジションを築いているデキる方って、例外なく「領空侵犯」をドンドンする人ですよね。

最初っから最後まで共感しまくりの記事でした。
キャリアの理論として一時機有名になった「Planned happen stance theory」を思い出しました。

これは、リーダーが自らの転機となる経験を得るときの傾向を理論化したもので、キャリアの転換点の大半は、偶然によって起き、そして良い偶然が起きたときに、成功するリーダーは、その偶然を逃さないようにするための努力ができるということです。

運の要素が強いけど、その時に飛び乗れる覚悟と準備、それが大事だと。
一番大切なのは、自分が好きなことをとことん追求して続けると、何かしら道は開きますよね。

世の中は大半がグレーの世界。グレーの状態で白か黒か分からなくても、とりあえずトライしてみることが、次のチャンスに必ずや繋がります。

自分の可能性は他人が決めるものではなく、自分次第ですね。
そのまま会社のリスクを取らない姿勢になる。人材の流動性が高まらないリンチピンかな…「日本の会社員にはリスクを取らない人が多いですね。それは、失敗して仕事がなくなったらどうしようと、怖がっているからだと思います。そこで私が提案したいのは、就職活動をして他の会社の面接を受けてみること」
この連載について
日本経済は低成長と停滞が続き、会社員の給料平均は伸び悩んでいる。さらに、新型コロナウイルス感染拡大による需要の停滞が企業経営を圧迫。業種や職種、やってきた経験や能力による給料格差は開く一方だ。そこでNewsPicksでは、人材会社とコラボし、厳しい状況下でも給料を上げた人の職務経歴書を解析。どんな経験をした人が、高給取りなのかその中身をつまびらかにする。また、世の価値観が経済性から人間性へと転換する中、給料以外を自身の働きがいとする「新しいゲームの始まり」についても提案してゆく。

業績