新着Pick
3504Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昇進している方は、必ずと言ってよいほど、自分の仕事や自分の部署の枠にこだわらず、垣根を越えて興味・好奇心を持っています。つまりビジネス全体を知りたいという好奇心が強く、もう一つは人への好奇心も強いです。

そしてもう一つ昇進する方の共通しているのは、自分の仕事はここまでと枠を決めず、枠外のことでも気づいたら動く、積極的に球を拾うという行動を取っている方だなと痛感します。
パーソルキャリアの正能茉優として、「どんな経験を持つ人の給与が上がりやすいのか」解説させて頂きました。

「キャリア自律」が求められるこれからの時代、こうしたデータを見た人の多くは、おそらく、自らの手で経験を取りに行くようになります。

結果、雇用の流動化はますます進み、さらに「キャリア自律」が求められるようになるという、“はたらく人にとっては、なんとも大変で、でも可能性は無限!な時代”がすぐそこにやってきてる感じです。
しんどそうだけど、楽しみたいなあ…。

ちなみに私たちは、今回発表させて頂いたような「doda」に蓄積された100万件以上のキャリアデータをもとに、マーケットデータに基づいた 「ジョブごとの報酬水準データ」を提供するサービス「Salaries(サラリーズ)」のローンチを、今春予定しております。

是非そちらもご覧ください!
https://salaries.jp/contents/lp
会社員にとって、給与が上がるかどうかは自身のモチベーションにも直結する大きな要素です。では、どのような「経験」を積んだ人が、給与を上げているのか? パーソルキャリアの協力を得て、同社が過去3年、100万人以上の職務経歴書を読み取り、それを商社、メーカー、IT、広告など業種ごとに分類して、給与アップの因子となる経験を抽出したデータを初公開します。

そこから見えてきたことは? ○○のコードが書ける、Pythonが使いこなせるなど、専門性の高い技能がキーワードとして抽出されるかと思いましたが、そうではありませんでした……。はたして、どんな能力が評価されるのか?

今後は、ジョブ型の広がりなどにより、管理職的な能力だけではなく希少性や難度の高い技能がもっと評価されることを期待します。
キーワードで条件を絞り出していますが、そこに出てくるキーワード自体が大変興味深い。日本のデータだと思いますが、国際比較、また単に給料アップではなく経営人材とそうでない人材にわけたものもみてみたい。

本文中のキーワードを見ただけの印象では、調整・管理能力のある人材が重宝されている様に見える。人材マネジメントができる人材が希少なのは疑いようはないが、尖った人材がどのように評価されているのかもみてみる必要がある。これは平均値やマスデータだけをみていては見えてこず、トップノッチの尖った人材にはまた違ったキーワードが現れてくると期待したい。
職務経歴書には書かれない給与アップのもう一つのキーワードは「転職」

円滑に転職できるかどうかはその人の商品価値にかかってくるが、「使える」人材になれるかどうかは経験。
職務経歴書の短い単語だけじゃわからないので、その辺りを採用面接で根掘り葉掘り聞くのですが、本当にその人が実践したかの判断はその内容次第です。

例えば「誉める」
「すごいねー」「やったねー」と言っていればいい訳ではなくて、例えば未知の業務にチャレンジしている部下を誉めても、「先ずは業務のやり方を教えて欲しいのですけど!?」と反応が返ってくるでしょう。
なので、「誉める」を管理職的に時系列に並べると、「目的を説明する」「期待する成果を示す」「大まかなプロセスを確認する」「トライさせてみる」「行き詰まっていたら方法をアドバイスする」「時々進捗を確認して更にサポートが必要か確認する」「結果が出たら誉める」と「誉める」までのプロセスはとても長いです。

文中にも解釈がありますが、間違っても単語だけの実践を目指さない事です。
オペレーションではなく、マネジメントスキルが求められている証左のような内容ですね。
個人的には、給料アップが目的となってしまうと不幸の始まりのようにも思います。
これは興味深い。高給に関連するキーワード分析。それでも模索や開示といった解釈難しいキーワードがでてるのは、自然言語処理の難しさがでてていい笑 こういった分析がより精度高くクイックにできるのが次の自然言語処理の進化方向性!

【「IT・通信業界」から見ていこう。この業界で給与を上げることに寄与した経験のキーワードは1位の「管轄」、2位の「兼任」、3位は「模索」となった。】
デキる人は、自身で"線"を引かない、「枠」を出る。いい意味で領空侵犯を自ら起こす。仕事に没頭し、価値創出のために奔走すると、組織構造の「壁」に直ぐにぶち当たるだろう。そこでも挫けない。壁を越えるからこそ価値を高められると思考する。これら全てが自身の成長にも繋がる。これから少し先の未来には、会社という「枠」にも捉われない働き方が普通になる。先ずは、自身の殻を破り、他者との協働を楽しむオープンマインドを持ちたいですね。
学歴が重視される時代は終わりつつあります。

自ら仕事をとりにいく姿勢、実際の能力や経験で昇進や給与は決まってくるほうがずっと合理的ですしモチベーションにもなると思います。

今後はベースの給与に加えて高いインセンティブも加える方が一つ一つの仕事に対する動機ややる気も上がりますし、なにより会社の利益につながるのではないでしょうか。
一人で仕事を抱える人は限界がくるけれど、他の人を巻き込めば生産性がアップします。そのためには、業務を知り、リーダーシップを鍛えなくてはなりません。努力をする人の給料は上がります。
この連載について
日本経済は低成長と停滞が続き、会社員の給料平均は伸び悩んでいる。さらに、新型コロナウイルス感染拡大による需要の停滞が企業経営を圧迫。業種や職種、やってきた経験や能力による給料格差は開く一方だ。そこでNewsPicksでは、人材会社とコラボし、厳しい状況下でも給料を上げた人の職務経歴書を解析。どんな経験をした人が、高給取りなのかその中身をつまびらかにする。また、世の価値観が経済性から人間性へと転換する中、給料以外を自身の働きがいとする「新しいゲームの始まり」についても提案してゆく。