新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ興味深いコメントですね。

"たくさん役を持っていると、「視点をずらす」ことが簡単になります。視点をずらすことができれば、振れ幅の大きい人間になれるし、人間的魅力も増していく。自己肯定感というか、自分に自信もつきます。"
お笑い芸人のバービーさんを取り上げたプロフェット第2回では、かつて放送作家を目指していたというバービーさんの、複数の「キャラ」を持つことについての考え方について語ってもらっています。

平野啓一郎さんが提唱した「分人」的な考え方ではないですが、仕事とプライベート、そしてSNSでも複数アカウントを持つことが当たり前となりつつある今、人格を演じ分けることをポジティブに捉えることはとても大事だと思わされます。前向きになれる考え方でした。
キャラの解像度を上げるための因数分解、組織や個人でも全く同じことができそうです。結局「なぜあの会社を選ぶのか」は、キャラが立っている(つまり差別化できている)ということですから。
今回のバービーさんの記事には共感覚えるところが多かったです。

私も大昔20代前半にフィットネスクラブのインストラクターをしてた頃は、水泳・スタジオ・ジム・個別レッスン、全て別の顔を用意していました。集客効率をあげたり、目指すプログラムイメージ実現には、見た目の印象や話し方をコントロールする必要がありました。また人気商売職でしたが、会員から期待される人格に臨機応変に対応できることは、現場イントラとしてのプロ意識だという自覚も当時はありました。

ただ、これは自分の心の中にきちんとした価値観軸を持たないと、ブレます。このSNS時代の中で多くの若い方々が、"自分が何者か"不安や疑問を覚えるのは、おそらくそうした自分の内面的価値観をまだ見つけられていないからこそではないかと思います。

バービーさんの今回の記事には、彼女の中心にある価値観が節々に感じられ、とても彼女の印象が変わりました。表向きの芸人の顔しか存じ上げませんでしたが、しっかりとした、プロでいらっしゃった。今後は地方創生など、元々は内面にあった想いや価値観を外に広げていく取り組みをされるとのことですが、いよいよここからが笹森花菜さんとしてのターン、ということでしょう。ご活躍を楽しみに拝見したいと思います。

それにしても、笹森花菜さん…素敵な名前だし、全て植物!SDGsに絡んで植物環境保護の事業でもされたら、話題になりそうですね。やらないのかな?
バービーさんがされた「キャラクターの因数分解」は面白いですね。
・白い紙の真ん中に「主題」を書く
・主題から連想できる言葉を思いつく限り、周りに書き連ねる
・ポジ・ネガ含めてバランスよく書き出す
・最後にそれらを数珠つなぎして統合する
小見出しの「本当の自分はいらない」という言葉に、非常に深く共感します。人生を生きる=エンターテイナーでありたいと考えています。様々な役を演じ、関わってくれる人を喜ばせるということです。

バービーさんは、まさに目的や目標によって自分自身を使い分ける生き方をされていますが、同時に自分自身を見失わない生き方を体現されていると思います。"「テレビに出たい」という目的は持ち続けていた"という言葉にもあるように、1つのゴールに向かうという意志が読み取れます。ゴールが1つで、それを見失わない。このことが非常に重要です。

これこそ今回の気づきです。
エンターテイナーであること、自分は演じるものであること、というこれまでの私の考え方。間違ってはいないと思うのですが、さらに1つのゴールを設定することを忘れないようにしたいですね。ゴールのないマラソンなんてどこかで挫折してしまう。ゴールがあるからこそ、それまでの過程が全て繋がっているように感じられるのでしょう。

私の目標は、夢を叶え続けられる大人であることです。その意味では、自分自身のエンターテイメント性が全て1つに集約されていく毎日を過ごせています。今回のこの記事で、より思考が整理され、強化されました。ありがたいです。
めちゃくちゃいい話。近代的個人主義は「本当の自分」みたいなものの存在を措定してるけど、人間は状況や人間関係によって多様な側面を発現させる。ドゥルーズが政治制度に触れる文脈でIndividualismならぬDividualism(分人主義)を唱えたことは広く知られてるけど、そもそも自分という人間存在のある一側面のみを切り取って提示しなければならないみたいな前提というか社会通念自体が本来的には合理性も正当性も欠いてる。SNSが乱立してコミュニティによってキャラ設定や使い分けが顕著になってきた社会潮流と密接に関係しているのでこの種の議論は深化していくはず。まずは平野啓一郎の名著『もしかして: 私とは何か私とは何か――「個人」から「分人」へ 』から。
役を複数持つってすごくいい概念ですね。
勉強になりました。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。