新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2014年度まで担当していた科目で、睡眠の専門家の医師の先生にご出講してもらっていたことがありました。やはり学生は睡眠に問題を抱えがちで、朝起きれなくて講義を休む→単位が取れなくなる→留年というルートに陥り勝ちです。月曜1限というタフなコマを抱えるものにとっては、眠い目こすって出てきている学生に睡眠の話を聞かせるわけで、なかなかつらいところでした。

思い出すのは、質疑応答の時間での学生からの質問で「授業中、眠くなるんですけどどうしたらいいですか?」という問いに、睡眠の先生が「面白い授業をすればいいんです」と応えられて、会場が乾いた笑いで包まれたことです。その後、寝られないような講義を創るよう心がけていますけど。
緊急事態宣言のおかげで、外で遅い時間まで過ごすことがなくなり、早寝早起きになった結果、睡眠の悩みがなくなりました。

コロナのおかげで良かったことの一つ。
睡眠の問題って、睡眠時の問題だけじゃなくて、風邪引くと寝付きにくいとか、不安からとか、単純じゃないですよねー。

以前、首や腰、肩関節を痛めていた時、オシャレな椅子に座るのが苦痛でビジネス用の椅子を買ったり枕を調節したりしていたんですが、ストレッチを毎日するようになってからはスタバの椅子でも快適に座れるし、どんな枕でも寝れるし結局体の不調を直さないで、周りだけ調整しても無意味なこともありますね。
個人的に、こういう仕事外で一緒にプロジェクトをやるコミュニティが好きなので、いいですね。
この数年、睡眠Techのスタートアップがいくつか登場していますね。
睡眠の改善は確かにインパクトが大きそう!
スタートアップのメンバーは、みな自分たちの人生を賭けて取り組んでいます。

彼ら、彼女らに対抗しようと思ったら、同じくらいの覚悟をもったコミュニティでないと難しいことは自明の理だと考えます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません