新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もとよりアメリカの問題はこの会社の収益にはほぼ無関係。別製品ニュースアプリも含めた中国国内売上でほとんどを占める会社でありもっと言えばアメリカにおけるFacebookのようにアリババグループに次ぐ中国巨大広告市場の2位のところ、コロナによって国全体のオンライン広告が好調にてサプライズは無し。

むしろインドで恒久禁止となったほうが印象的・両国関係的にはまだ大きい出来事ではあるものの、こちらも同じ理由で収益には全く影響なし。
アメリカやインドでサービス停止されてなお、昨年から売上倍増で3兆6300億円はすごいですね・・・。逆にこの2つの市場が開放されればもっと売上伸びると思うとすごすぎる。
中国の会社は中国市場がメインマーケットなので当然ですね〜
これ禁止したら逆にユーザーが増える
パターンなのかもしれませんね。。

この規模での倍増は凄いな。
中国国内ではどんどん影響力を拡大している。アメリカやインドでのビジネスは必ずしも順調ではないが、日本でもかなり制限を受けている。しかし、やはりTikTokを代替できるアプリは少なく、影響力を考えると、同社を選ばざるを得ない。
この規模で倍増は凄まじい。
TikTokがインドで禁止されて、米国でも禁止されそうですが、まだまだ伸びそう。

個人的には、バイトダンスの台頭は天下三分の計の蜀みたいで面白いです笑

【BAT3社比較】   売上、営業利益、直近評価額
アリババ(19年度)   $72B $13B $720B
テンセント(19年度)  $52B $16B $880B
バイトダンス(20年度) $35B $7B $180B (11月の時点)

【追記】
バイトダンス評価額、11月バージョンに更新!!
普通に記事ありました笑
TikTokの年間売上高は、昨年の倍以上の約350億ドルとなったとのこと。
「世界的競争の激化や、トランプ前米大統領による米国でのTikTok禁止を目指す試みにもひるまず業績を伸ばした。」
唯一コロナは追い風だったかなと思います。
うちの娘も毎日TikTokでお友達とのコミュニケーションも含めて、楽しんでいます。