新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツビジネスというとエンタメとして考えられることが多い中、どちらかというと地元の中学、高校のスポーツのようにファンを巻き込むというのはSDGを含め新しい在り方かもしれません。収益を上げないといけないというプレッシャーの中で、一貫性、継続性が鍵になると思います。
スポーツのハブ機能を有効活用した事例です。それを言語化、パッケージ化し、実行する力が素晴らしいですね。

実は多くのプロクラブが既に同様の取り組みを長く行っているのですが、SDGsという文脈に昇華しきれていない例が多く見られます。本事例を「既存の活動を新たな価値創造としてリフレーミングする」際のヒントとして、他のクラブでも活用できると思います。

なお、SDGsはCSRが出てきた頃と似ているように感じます。
それは、「やらなきゃいけないし、人員も予算も確保したけど一体何から手を付けて良いのやら…」状態の企業が多いということ。

そこに知名度と活動実績のあるプロスポーツがパッケージを提供することで参加が容易になりますよね。

プロスポーツチームにとってはこれがコロナ禍での貴重な収入源にもなります。つまり、社会貢献が本業となるCSVがSDGsによって加速する形に持っていくことがクラブとスポンサーの「現代版win-winの関係」の一つになるわけです。
どれも地道なことの積み重ね。企画だけではなくて、折衝などの準備もあったかと思う。このような取り組みもラグビー新リーグ参画チームもやってほしい。
「働きがい」の機会の提供など、スポーツのあらゆる可能性を感じる素晴らしい取り組みだと思います。
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。