新着Pick
620Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「INVESTORS」の番組に出演している私(アトカ)が、長期株式投資の専門家である奥野さんによる投資塾で学んでいます。

今回は私が「INVESTORS」実践編でプレゼンしたキーエンスが「単なるモノづくり企業ではない」というところから発展して、今後の伸びが期待できる様々な製造業について学びました。

学んだことのうちの3つを紹介すると:
1. その企業は単に自社が作りたいものを作っているだけなのか、それともきちんと顧客の問題解決をしているのかを考えなければいけない。
2. お金以上の価値があるデータ。データは物理的に所有しているものではないので価値が分かりにくかったりするのですが、データによってこの世界は支配されていると言っても過言ではない時代になっている。
3. BtoBデータ vs. BtoC データ。皆さん、どちらの方が強いかご存知ですか?
この記事で紹介している3つの企業について詳しく知らなかったので、この3つの企業にどういった共通点があるのかや、なぜ強いのか、といったお話を聞かせていただけて目に鱗でした。

是非皆さんも一緒に投資の勉強を頑張りましょう。
企業の存在意義とは何か、持続的な強さを持つ企業を分析すると深掘りできる気がします。
顧客起点から考えるというのは、事業も投資もすべてそうだと思う。誰にどういうかちを提供しているのか。
記事にDeereの例があるが、北米・南米の大規模農業・畑作で圧倒的。一方、アジアのコメ(水を用いる田んぼ)では、重さゆえに全く使えない。そこは日本のクボタが強い領域。このように対象としている顧客や訴求価値、そのために必要な技術や販売など企業としての機能要素で、同じ「農機」でも違う(ちなみにクボタは欧米の農機市場をそのうえで相対的に小さい機械から攻めようとしている、下記。イノベーションのジレンマ的な展開はあるか?)。
https://newspicks.com/news/5168850
https://newspicks.com/news/5194370

TIについては、世の中はデジタルではなくアナログ。そのなかで半導体を用いて情報・電気処理などをしていこうとするほど、まずその変換が必要。そして、アナログ半導体は少量多品種が多いが、高シェアを武器に300ミリという大きいウエハを使えるので、経済性が高い。
ここらへんの強さは、下記でコメント欄併せてご参照いただきたい。
https://newspicks.com/news/1707875
https://newspicks.com/news/1737884
BtoBである、という要素よりも、「顧客に満足を与えながら、それを収集してフィードバックを得ることで、さらに満足度を高める」というループができているのが本質に感じる。これはBtoCでも当てはまることなので、BtoBか、BtoCかという視点よりも、独占的で有用なデータの収集ができているか、というのが肝に見える。
BtoBの利点として、「規制が及ばない」というのはもちろんあるが、とはいえBtoCにおいて、顧客が無料で情報を提供しているのも「代わりに無料で良いサービスを受けているから」というWin-Winな関係が構築できているからなので、あまり大きな要素とは感じなかった。
僕がMCをしているインベスターズの深掘り記事!!
記事を読んでみて、手前味噌ですが、弊社もこれに当てはまるかなと思いました。残念ながら、未上場会社なので株を買うことはできませんが…。
モノ自体に価値があった時代には、いかに競合と差別化するかが企業にとって最大の課題だったのは間違いないと思う。それに消費者がつられて選んでいた時代。
一方、現代はモノが巷にあふれてしまい、適度にいいモノではなく自分に合ったモノが求められる。
当たり前のことでわかっているはずなのに、投資家からズバリ言われるとドキっとしてしまう。
株式会社キーエンス(英:KEYENCE CORPORATION)は、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置く、自動制御機器(PLCと周辺機器)、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。海外売り上げ比率は50%を超える。現在、世界44カ国・200拠点で事業を展開。 ウィキペディア
時価総額
13.0 兆円

業績