新着Pick
423Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
どんな悪法でも違反すればペナルティ。
こうなった場合の損失の巨大さを想定できるから、こんな愚かなことは普通しない。そんな想定すらできないレベルの担当者が、独自の判断で不正を行なったというわけでもなさそう。
こんなリスクを負わなければならなかった事情が知りたい。ちょっとした設計変更ですむなら、やらないという判断はありえない。
人気 Picker
記事中に3つの指摘がありますが…これは弁解の余地のない会社ぐるみの確信犯です。

今の時代、これが、このまま発覚しないと考える組織文化、企業文化は、取引停止と言われても仕方ないレベルだと思います。

同じ業界で仕事するものとして本当に残念で、かつ悔しいです。

[1]「偽の適合宣言書」を自動車メーカーに提出
[2]改造品での適合性評価試験の受審
[3]不適合品の生産・出荷を継続

(以下、記事中からの引用)
悪質だと言える点は3つある。[1]「偽の適合宣言書」を自動車メーカーに提出、[2]改造品での適合性評価試験の受審、[3]不適合品の生産・出荷を継続、である。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
法規制に反する製品を、知りながら自動車メーカーに販売していたとは…。

最近何かと話題になる三菱電機、ここまで悪質なことをやっているというのは内部が腐っている証拠です。
有料記事なので全て読めてませんが。

適合宣言書って第三者機関である承認代理人が発行してたりして。

〈追記〉
昨年の報道から新しい情報は無いような気がするし、
ラジオユニット原価30,000円もテキトー過ぎるし。
せいぜい数千円でしょ。

この記事の価値って何?
そうなんですか。。。
細部に宿るものは何?
設計不正の対象は「車載オーディオ機器用ラジオ受信機(以下、車載ラジオ)。自動車メーカーが欧州市場で販売するクルマに搭載する製品」だそうです。
製品そのもののクオリティよりも法令を守らないコンプライアンス意識の希薄さが問われる時代だと思います
あんまり震えなかった。もちろんダメなんだけど、人命に関わるような不正内容でもない。車載ラジオユニットって3万円もするかな…走行には影響しないので、リコールしても大半のユーザーはわざわざ交換しに行かないと思います
プレスリリースのURLをコメント欄に掲載してくださった皆様、ありがとうございます。まずはこれを読むことが出発点だと思います…
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績