新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「場所に縛られない働き方」と「副業・兼業の推進」は、今回のコロナによって生じた、数少ない良かった変化のうちの1つだと思っています。

本記事の代表取締役の方のコメントは、全ての企業のマネジメントの方々にも是非広がるといいな、と思ったコメントばかりでした。

外部人材と共創することで:
① 成長意欲が促進される
>情報が入ると次はもっとこうしようと考え始めますし、それならスキルを上げないと!という意識を持てるようになります

→日本人の「社会に出てからも学習する割合」は、世界でも低いのですが、外部人材との協業で意識が変わるのは素晴らしいと思います。

② 自身の市場価値を考えるようになる
>実際に副業人材を受け入れた今では、どんどんやればいいという感じになりました。社員が副業できるくらいのスキルがあったら、もっと会社はよくなっていると思います

→「自社でしか使えないスキル」ではなく、「市場で勝てるスキル」を身に着けていけば、当然自社にとってもプラスになるということ。自分の市場価値を意識して学んでいくことの重要性ですよね。

③ 多様な価値観の必要性を理解出来る
>ある程度成長するとその先は伸び悩みます。社内にも社外にも、その先を教えてくれる人がいないのです。どうしたらいいかなと思っていたところ、副業というかたちで他の会社で頑張っている人が一緒にやってくれることで、会社全体の刺激になって成長につながるとわかりました

→イノベーションを起こすには、多様な価値観や経験を持った人との共創が必要だと思っています。

④ 情報のオープン化が進む

>私も最初は、社内のことを副業の方にオープンにするのに抵抗がありました。でも今はどんどんやった方がいいと思っています。社外の視点でいろいろと指摘してもらえるのはありがたいです

→他社とコラボレーションする際には、情報をオープンにすることが必要です。

オードリー・タン氏が「徹底的な透明性」を重視しており
>私が、ソーシャルイノベーションを考える際に大切にしているのが、「一人でコトを成し遂げようとするのではなく、心のドアを開けて、人々の意見を取り入れること」です

と言っていますが、まさに。

応募された側も、受け入れた側もwin-winな取組みだったと思いますし、もっとこのようなケースが増えるといいなと思います。