新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国の四半期ベースの経済成長率の推移はこちら。
https://tradingeconomics.com/south-korea/gdp-growth
2020年はQ3からプラス成長に回復しています。また、永濱さんのおっしゃるように、他国との比較では2020年通年でマイナス1.0%はかなり小さいと言えます。

四半期ベースでみると韓国経済はコロナ前の2019年Q 1 にマイナス成長を経験しています。同時期の背景については日経ソウル支局の鈴木支局長の記事参照。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44191300V20C19A4910M00

このコメントをつけている記事は2020年Q3の前年同期比+2.1%からQ4への同+1.1%への鈍化を触れていますが、長期的に見れば韓国経済の成長率は1%前後が続いており、このレベルが平常運転とも言えます。また、2020年Q3のベースとなる2019年Q3は前年同期比+0.4%と低い数値であり、2020年Q3はほぼ平常運転の経済と仮定すれば、前年の反動で高めの数字が出やすいという背景もあります。経済成長率は循環要因などもあるため、長めの期間でデータをみる必要があります(が、報道ではそこまで触れることはほとんどない)。したがって、2020年Q1、Q2はコロナでマイナス成長となりましたが、少し中長期で見ますと、比較的変動は小さかったとも解釈できます(ただし、そもそも1%前後の低成長)。

ただ、あくまでマクロ的な話でありセクターごとにみれば状況は異なります。例えば、韓国経済の名目GDPの約5%を貢献する観光は、外国人部分について壊滅的な打撃です。繁華街の明洞も、あの賑わいが嘘のように静まり返っています。明洞は観光のなかでも、とりわけ外国人依存が高いエリアですので大きく沈み込んでいる様子です。個人や中小企業も多く、もともと失業率が高く、パートタイムなどの雇用が多い韓国ではミクロには非常に深い打撃のあるセクターが散見されます。

日本を含む他国でも、マクロ的な景気感だけでは捉えきれないミクロについて、どのように政策的アプローチをしていくかが非常に重要な局面になっていると考えられます。マクロとミクロで非常にちぐはぐな状況になっているのがコロナ禍の経済ともいえるのではないでしょうか。
韓国の2020年の国内総生産(GDP)速報値が、物価変動を除いた実質ベースで前年比マイナス1.0%だった。「1998年以来、22年ぶりのマイナス成長となった」という記事からは、韓国経済が苦戦しているように聞こえる。しかし、「前年比でわずかマイナス1.0パーセントですんだ」というのが妥当だろう。造船、半導体、テレビなどの分野で日本が韓国の後塵を拝する話が次から次へと報道されているのに、日本ではいまだに「韓国経済崩壊論」に一定の人気が集まるのは不思議な話。
アジア危機で前回マイナス成長を経験した1989年当時の韓国の一人当たりGDPは、日本の僅か4分の1でした。韓国はその後ずっとプラス成長を続け、日本がマイナス5.4%に陥ったリーマンショック後の2009年も0.8%のプラス成長で切り抜けました。
韓国の一人当たりGDPは、今では日本の8割に達します。我が国の今年の成長率はマイナス4%を下回る可能性が高いですから、韓国がマイナス1%に沈んでも、彼我の成長力の差は3%以上に達します。アベノミクスの大規模な景気刺激で我が国の成長率が下支えされ、文政権の韓国が成長力を落とした感はありますが、日本に代って電気やパネル、半導体等で主導権を握った韓国の成長率が日本を上回る傾向は変わりません。
日本の活動自粛が長く続いて出遅れて、3%の成長率格差が続いたら、10年を待たずして韓国の一人当たりGDPが日本を上回ります。一人当たりGDPは国民の経済的な豊かさそのものですから、そうなると日本国民は辛いでしょう。韓国が日本に対し強気に出る背景には、こうしたことも影響しているんじゃないのかな (・・?
韓国経済がマイナス成長に沈むとの記事ですが、韓国の強さを示す記事とも読めそうです。その割に、経済に対する危機感が我が国で薄いことが気掛かりです (・・;ウーン
22年ぶりマイナスということは、リーマンショックでもマイナスにならなかったということですね。
昨年の世界の経済成長率が▲4%程度になることからしても、比較的軽微といえるでしょう。
過去の感染症対応の経験が落ち込み幅を小さくした側面もあると思います。
今後の日本のGDP成長率と比較し、ある時点で韓国が上回ることが予想されることが、辛坊さんのポストから読み取れました。
”経済に対する危機感が我が国で薄いことが気掛かりです”同意です。
韓国、2020年の国内総生産(GDP)速報値は「アジア通貨危機に見舞われた1998年以来、22年ぶりのマイナス成長」
https://www.bok.or.kr/eng/bbs/E0000634/view.do?nttId=10062594&menuNo=400069