新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当初から株式は発行しないとしていたので、調達がデットになることは想定通り。しかし、銀行からのシンジケートローンではなく、外債を市場で調達するというのは意外。

通常、アジア企業は認知度も低いので、外債のコストは顔見知りの銀行ローンより高くなりがちです。セブン&iは相対的に知名度も高く、今回は米企業の買収だという面もあるでしょうが、やはり、投資家の運用ニーズが極めて強いということが一番の背景でしょう。どんな条件で出てくるのかが注目です。
Marathon傘下のコンビニ買収に伴う資金調達。元々8月時点での資料で「エクイティ・ファイナンスは予定せず」とあり、それに沿っているがその時点では80億ドルだった。
買収する資産が米国なので、調達もドルとすることで、資産と負債側の為替をマッチングさせて為替変動しても差損・差益両方でない構造を作る。
https://www.7andi.com/ir/file/library/ks/pdf/2020_0803ks.pdf

買収発表時のPickは下記。
https://newspicks.com/news/5118065
https://newspicks.com/news/5123277
ここもとややドル安円高局面にあるとはいえ、外債での調達は手堅くていいですね。また、コンビニ併設型ガソリンスタンドは昨今のカーボンニュートラルが重視される中で課題とも言われていますが、バイデン政権誕生で今後ガソリンスタンドがEVスタンドに代わっていく可能性もあるので、注目しています。
超低金利を利用して、超長期債を発行してもらいたいものです。
スピードウェイはコロナの影響を受けたものの、売上高2兆円規模の優良チェーン。
セブン&アイとしては、日本国内需要が完全飽和していることと、現預金1兆円超過の堅実な財務体質をバックボーンに満を持してという感じでしょうか。
EVスタンド化の設備投資など、懸念材料は多いですが、敢えてこの逆風の中で最大規模の資金調達に踏み込むことは、市場への大きなインパクトを残したと思います。
100億ドルの起債はさすがにデカイな。ドル資産なのでドルで調達は理に適っている。
北米のコンビニ事業は手堅いので、良い戦略だと思います。
銀行は、しょんぼり。直接金融のほうが理論上は安く調達できるはずですが、、、、
これが吉と出るか否か🤔
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.02 兆円

業績

東急株式会社(とうきゅう、英語: TOKYU CORPORATION)は、東急グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,673 億円

業績