新着Pick

中小企業、株主不明の場合は1年で株買い取り可能に…円滑な事業承継へ支援措置

読売新聞
政府は、中小企業が事業の承継や売却をする際の法的な支援措置を強化する。連絡がとれないなど株主が所在不明の場合に、企業側が強制的に株式を買い取れるまでの期間を、現行の5年から1年に大幅に短縮する。経営者の高齢化が進む中、
224Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中小企業の約7割が「後継者不在」の状態。さまざまな制度的な後押しで、事業承継が進むひとつのきっかけとなってほしい
人気 Picker
これは事業承継には意味がある対応です。
過去に、事業承継を背景に株式譲渡の打診があった案件で、株券発行会社であるにも関わらず行方が分からない株主・株券が多数存在する会社がありました。比較的少数であれば、何か後日トラブルになった場合に売主が補償する約束をしてもらうことで株式の売買を行うこともありますが、そのケースでは不明株券も多く、売主も補償を拒否したため、取引に至りませんでした。似たようなケースは複数経験しています。
新しく株主になる立場としては、唯一株主としての立場を担保する株券の存在があいまいだと売買に進めません。

(株式に譲渡制限がついている会社であれば)株主情報を登記させる方法もあるかもしれないなと思いますが、それはなかなか負担が大きいのでしょうね。
連絡がとれないなど株主が所在不明の場合、企業側が強制的に株式を買い取れるまでの期間を、現行の5年から1年に大幅に短縮する、とのこと。賛成。
ただし、強制買取の価格算定の方法が公正であり、知らない間に強制的に売らされていたということのないようにお願いしたいと思います。
またひとつ、つっかえていた障害が取り除かれるわけですね。
スポード感が求められているのは何もグローバル企業だけでありません。事業承継を含めた中小企業の再編も同じです。
いいと思います。
これは大きな前進ですね。

(相続によって)自分が株主であることを知らない人が、実はたくさんいます。

ただ、相手が本当に所在不明かどうかは手続き的にきちんとやっておく必要があるでしょう。

制度を悪用して株主から排除しようとする輩も少なからずいますから。
地味ですが、1割となるとかなり大きな一手
"中小企業の約3割で、株主の所在不明によってM&Aの交渉に「苦労した」と回答した。交渉を断念したケースも1割弱あったという"
スクイーズアウトが出来る様になって、実務的な課題は小さくなった感はあるが、意味のある措置だと思う。
下記の制度を5年から1年に大幅に短縮する方針。今国会に提出される。
ーー
株主総会の招集通知など会社からの書面を受け取らず、株式配当も受けない株主がいる場合、会社側がこの株主が持つ株を強制的に買い取ることを認めてい
事業承継関連で、兄弟が不仲で絶縁状態とか相続が繰り返されもう誰が持ってるかわからないとかよく聞くから実感値では結構意義はありそう。
1年に短縮するというけど、会社法に5年と定めてあるのに、簡単に変えていいのか?

私権の制限にあまりに無関心。

株式は自由に売買するものなのに、買った人が、いなくなったからといって、会社が文句をいうのはおかしい。