新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
石油資源は、現在のままの消費ペースが続けばあと50年ほどで枯渇する可能性がある。この数字も不確かなものではなく、石油の探索や採掘技術の進歩で変わるようだ。とはいえ、限りがある資源であることは間違いがなく、あと50年程度のタイムラインで枯渇のリスクがあるとなれば、企業としては別の燃料を使う道を模索して当然だろう。思い立ってすぐに変われる業界ではないのでなおさら。
自動車だけでなく、航空機も、無理に無理を重ねて「エンジン(内燃機関)」にこだわらず、「電動化」も視野に入れるべき段階かもしれませんね。

ただ、これまで製造したものを電動化はできないで、この記事のようなソリューションも重要なのでしょう。

勿論、飛行機の電動化、特に、大型旅客機の電動化には、技術課題が山積状態で、そう簡単には実現できませんが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア